2019年8月24日 (土)

サイクリング

3週間ぶりに、4時間走ってきました。
8月は暑い日が続いたので、休んでいた。今日は、気温が高くなかったので快適に走れたのは前半だけ、3時間を過ぎた頃からおしりと太ももが痛くなったので・・・

やはり3週間ぶりは、しんどいサイクリングでしたね。

やけどしたところは、まだこんな感じです。Photo_20190824175701Photo_20190824175701

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

観葉植物の寄せ植え

Photo_20190718151901

パキラを、リフォームしました。
家を新築した時から置いてあるパキラを、少し違った雰囲気でまだ楽しみたいと考えました。複数の種類の植物をバランスよく植えたつもりですが、寄せ植えを初めて行ったので、この後の成長した状態をバランスを考えたつもりだがどうなるか?
胡蝶蘭が隣に並んでいますが、こちらは6年前に家内が勤め先から頂いてきたものを、私が面倒を見てきました。
新社屋落成の際に、取引先から20鉢以上頂いて集まったなかの1鉢だそうです。胡蝶蘭は温度管理が難しいと聞いていますが、この場所で冬を越してきているのです。毎年、偶然にも花を咲かせています。ミズゴケだけで3回植え替えをし、水やりの量・タイミングを注意しながら、栄養は時々液体肥料を与えるくらいです。三株ある中で、今年は二株に花芽が付きました。何とかこのまま、できれば三株同時に花芽を付けたいですね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

カワラヒワ巣立つ

今朝、最後の一羽が巣立ちました。

朝一番に窓を開けた時、カラスがいました。大丈夫だったかなー?

Photo_6

左側のヒナにはまだ産毛が残っているのが確認できると思います。
巣だった所の、目の前の電線に止まっています。
時より飛び立っては、直ぐに戻ってきます。
自分ではエサがまだ取れないんでしょうね。親が頻繁にエサをくわえて、子供の所に運んでいます。
5羽、全員が無事に飛べるまで大きくなったと願いたいですね。
来年からはバラの枝はできるだけ刈り込んで、風通し・見通しの良い剪定にして行きます。
カワラヒワが、玄関先に巣を作ろうと思わせるようなごちゃごちゃ汚い感じにしておいたのは、私の責任です。
明日にはもう少し刈り込んで、来年からは少ない数のバラが咲けば良いので、小奇麗な玄関先にして行こうと思います。

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

二度目のカワラヒワ

震災の年2011年7月に私の家でカワラヒワが巣を作りヒナが巣立ちました。その時の様子は、http://sekkeiya.cocolog-nifty.com/sumai/2011/07/post-8017.html
今回が二度目になりますが、まさか玄関先で巣を作って居たなんて、家族だーれも気が付きませんでした。
今日は、8年前に植えたゼフィリーヌ・ドルーアンの伸び過ぎた枝を、植えてから初めての大掛かりな枝切りをした。
全体の半本くらい進んでから、あれ・・・何だ?
Photo_8Photo_7

あらびっくり、鳥の巣です。
もしかしてと恐る恐るのぞいてみると、生まれたばっかりのヒナが5羽。カワラヒワです。
家の周りでは毎年スズメが巣作りをしていますが、カワラヒワは玄関の前の電線に良く止まっているのを見ましたが、巣作りの下見でしたかねー?
巣を見つけては、今日の作業な中止です。大分、周りの枝を落としてしまったので、丸見えになってしまいました。
かわいそうな事してしまいましたが、後7日くらいで巣立つと思うので・・・・
巣の周り環境が大分変ってしまったが、何とかヒナ5羽が無事に成長してほしい。
ごめんね。

 

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

東京へ

Photo_4

上野公園の国立西洋美術館では、19日まで開館60周年記念のル・コルビュジエ展が開催されています。本館の設計はル・コルビュジエ、1959年の建築。そこで特別展が行われています。
お昼過ぎに入館したが、会場内は見学者でいっぱい、落ち着いてル・コルビュジエの設計した建築を楽しめる、展示物を確認できる状態ではなかった。残念な思いをしたが、それだけ関心が集まる建築家であり建物って事になるんでしょうね。60年前の建物、耐震性はと言うと平成10年に免震化工事が行われているようだが?最大の吹き抜け空間にあるトップライト、展示室のトップライトはル・コルビュジエの考えるところが形になっているのでしょうが、内装材が展示の仕方がそこから感じる雰囲気はどうでしょうか?
入場者が多かったせいだと思いますが、国立西洋美術館少し期待外れな時間でした。
Photo_5

東京駅では丸の内中央口から外に出て、駅を外側から時間をかけて駅舎全体を一時間くらいうろうろ、良いですね好きな建築です。


一昨日は、連休中里帰りしていた孫と娘を送りに東京まで出かけたついでに少し寄り道を、自分の楽しみの時間を作りましたが、これからもそのような機会が多くなると思いますので東京を楽しみにしたいです。

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

さくら

Photo_3 Photo_1

日大工学部サクラ並木と、須賀川・釈迦堂川ふれあいロードの桜を見に出かける。

お昼はとらや分店・伏龍の中華そば、家内を初めて連れて行ったが反応はイマイチ。

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

バリアフリー化がどの程度?

東京までベビーカーを持ち込んでの、品川区の保育園までを孫と私、娘の三人ででかける。
JR郡山駅から新幹線で品川区の保育園まで、ベビーカーを私が押して移動したのですが。
東京駅のような広い駅構内から都内電車を利用しての最寄り駅まで、公道の歩道を歩いての感想は・・・。
町はバリアフリーなのか?駅構内でのエレベーター&スロープを探す。歩道の段差・道路縁石を乗り越える、結構大変な作業。
朝9時に家を出て、帰宅が夕方の6時。くたびれた一日でした。
Photo
国は2020年度までに、1日当たりの平均利用者数が3000人以上の駅について、原則として全てバリアフリー化(段差の解消)することを目標としている。2020年開催の東京五輪、都内の駅のバリアフリー化だが、段差の解消は少しずつとはいえ前進してきているようです。
でも、人が多いのは何とかならないのか?鼻くそがたくさんたまる東京、花粉がたくさん飛ぶ郡山。東京、私が住むところでは無いことは間違いないようですね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

葛尾村

葛尾村は、一部帰還困難となっている区域を除き、復興再生に向けて進んでいます。
昨日は午前中に献血をし、バレンタインデーが近いからか大好きなチョコレートを日赤から頂いた。
午後は、田村市船引町から国道349号線を走り葛尾村まで住宅を建て替えるお客様の現場確認に行ってきました。工務店さんからの依頼で、今日から間取り図の製作に入ります。
私は、葛尾村まで出かけたのが初めてでした。これも原発事故が起きたからなのでしょうから、複雑な気持ちです。
レオパレス21の問題、もう結末が見えていますね。お役人は無傷。 会社がなくなったとしても、工事に関わった建築士が数人処罰されて、今回の件は終わりにするんでしょうね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

月と金星

12jpg


新年明けましておめでとうございます。

今朝の6時20分、南東の空です。細い月のすぐ右側に輝く大変明るい星が、金星だそうです。

2019年元旦と今日の二日は穏やかな正月になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

同じしめ縄でゲンを担ぐ

Photo


今年の締めは、神棚の清掃ネタです。

今日は、神棚の清掃も済ませ、新しいしめ縄に付け替えた。

このしめ縄2014年から毎年同じ物を買い替えて使っています。ヨークベニマルから求めました。

今年も、私の家では良い事がありました。今月、外孫が、女の子が生まれました。息子のとこの孫は、男の子もうすぐ2歳になります。

しめ縄が良かったのか? 仕事の方も順調で、今年一年設計に関わらせて頂きました。ありがとうございます。

できれば後十年、今の環境で続けていきたいが、めんどくさそうな仕事は断るかもしれない。近年、図面を書く効率が悪くなっていると自分でも感じて来てますので、70歳前に終わってしまうかもしれない。

好きな仕事を今まで続けて来れて、幸せな人生です。現場で職人さんと話をするのが好きでこれからもひんぱんに足を運びたいです。

二週間前、健康診断をすませました。胃カメラの結果は自分でも目視で確認ができて、ところどころに胃荒れが見られ、食べ方に注意していかないと酷くなっては大変。体重を、二十歳の時まで戻したが、身長が2cm近く縮んでしまったのでガッカリ。

ではみなさん、良いお年を、今年一年ありがとうございました。

blogランキングへ応援クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧