2006年4月25日 (火)

ケーナ演奏者が遊びに来ました

 いとこの岩夫さんが遊びに来ました。実家に帰ると必ず両親のお墓参りをされます。お墓は私の所から近所なのでよってくれました。
 私、今年の初めに自分のブログに岩夫さんを紹介しても良いかを聞くために連絡を入れました。その時、私がHP・ブログを始めている話をし、書込みの承諾をもらいました。岩夫さん前からHP作ってケーナについての相談・販売をしていますので私がブログに乗せた後の反響などを気にかけて、「どうした。」わざわざ私を訪ねてくれたみたいです。
 大木岩夫さんは、27歳のときにアンデスの笛「ケーナ」と出会い、その魅力に大きな衝撃を受け、フォルクローレの道に入りました。各地でのコンサートで演奏し、また教室を開いてフォルクローレの指導にあたっています。ブログを開設してから、前より多くのケーナ製作の依頼が入るようになって忙しいみたいです。

 今回、須賀川市内でのコンサートの下見を兼ねての帰郷だそうです。

 先週は、石垣島からレッスンに出席された方がいらして、話ししている岩夫さんいつもより大分力入っていました。建設関係の社長さん、大きな手と太い指、フォルクローレへの熱い情熱を大きく持っている方だそうです。建設関係の方だって事で私に話をしてくれたと思います。沖縄から訪ねて来られる方の話をする岩夫さんの気持ち、分かります。……岩夫さんケーナの話をする時、いつも熱く語りますよねー。
 詳しくは 大木岩夫ケーナ工房ブログ4月24日の書き込みで紹介されていますので、そちらをどうぞ…。

私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

静かに桜が楽しめる

Nitidaisakura1_1

日曜日の日大工学部です。

家族と一緒なので自転車ではなく車でなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

ようやく桜が満開

Ousekokudou_1
Ouse_1
Housawa_1


 午後から仕事を休みにしましてお天気につられて、市内でも最もきれいな桜が楽しめる日本大学工学部(片道8~9キロ)まで行くぞー!って事で自転車をこぎだしたんですが。直ぐに膝が悲鳴をあげだしたので近間ですませちゃいました。

 4号国道逢瀬川にかかる橋の上から撮影。堤防には幸いにも古木の桜並木が残ってます。一枚は宝沢沼南側から宝沢レイクタウン側をカシャリ、遠くにそう高くない山が見えます、安達太良山でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

新車の匂いで病気になる可能性がある

主に、スウェーデンの木製サッシ・玄関ドア・パイン建材等を 直輸入・販売をしている。栃木県のエコ建材販売店(有)オストコーポレーション北関東の吉田さんが定期的にFAXで送って下さる「せけんのいけん」の内容から、とても興味深いので一部ご紹介です。

新車の匂いが原因で病気になる可能性があるという新しい研究成果を、ミシガン州にある非営利の環境保護団体『エコロジー・センター』が発表した。
 今回の報告書によると、2000年~2005年式の車内から埃、およびフロントガラスに貼られたフィルムのサンプルを採取して調べたところ、危険とされる量のポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)――難燃剤として用いられることの多い化学物質(日本語版記事)――が検出されたという。直射日光を受ける車内の温度は摂氏90度近くに達することもあり、こうした高温のもとでは化学物質の分解が促進され、より多くの毒性物質が車内に放たれる。
 エコロジー・センターの調査で、PBDEの値が最も高かったのはダイムラー・クライスラー社の『メルセデス・ベンツ』で、次が同社の『クライスラー』ブランドの車だった。いっぽう、値が最も低かったのは韓国のヒュンダイモーター社で、スウェーデンのボルボ社がこれに続いた。


(社)日本自動車工業会 ニュースリリース- 2005年02月14日より

☆車室内VOC低減に対する自主取り組みについて
 (社)日本自動車工業会では車室内を居住空間の一部と考え、自動車の使われ方や住宅とは異なる環境を考慮した最適なVOC濃度試験方法の研究や実態調査等を進めてきた。これらの結果を踏まえ、今般、濃度測定に必要な「車室内VOC試験方法(乗用車)」を新たに策定し、2007年度以降の新型乗用車について厚生労働省の定めた13物質の室内濃度指針値を満足させる「車室内のVOC低減に対する自主的な取り組み」を始める。
 また車室内のVOCは車室内の様々な部品から揮発する成分の混合物であるため、今後、部品メーカーや素材メーカーの協力を得ながら取り組んでいく。

〔トラック・バス等商用車の自主取り組み概要〕
1.時期と対象車
2008年度以降の新型車(国内で生産し、国内で販売するもの)
2.目標値
厚生労働省「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」において室内濃度指針値が確定している13物質に対し、その指針値を満足させる。また、それ以降も各社さらに室内濃度低減に努める
なお、車室内VOCの特徴や、昨年公表した乗用車も含めた自主取り組みの内容を、当会ホームページに掲載した。

日産自動車、車室内VOC(揮発性有機化合物)濃度を厚生労働省の指針値以下に低減
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2005/_STORY/050524-02-j.html

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年3月 4日 (土)

米ってそんなに高くないと思います

今日は今年最初の家で食べる米を買いに行ってきました。
市内の農家に収穫時に1年分食べる量を取っててもらっています。いっぺんに買って来ても管理が出来ませんので3回位に分けて運んでいます。米も農家で休む方が幸せでしょうし、私もその方が助かります。何時も30キロ入りの袋で4個をもらいます。Kさんは3年前に外断熱工法・オール電化住宅でお住まいをつくられたお客様です。Kさんが食べる同じ田んぼからできた米ですから、とっても美味しいですよ。ひとめぼれを買って来ました。次はコシヒカリをお願いしています。私の家では年間に食べる量が30キロ×12個、8万円位ですから米ってそんなに高くないと思いますねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

高齢になっても住みやすい住まい

私の家は、17年前に将来を見通して、高齢になっても住みやすい住まいと考え、居間・廊下・トイレの各部屋の床の段差解消および手すりの取付け、浴室ユニットに手すりの取付け、車いすで使用できるトイレをつくりました。工事の際に、高齢者・障害者の住まいの改造とくふう(野村 歡 著)及び東陶機器株式会社(TOTO)の身体障害者用カタログ集などを参考に、TOTOさんの手すりを自分で取付もしました。


TOTOでは30年以上前から人にやさしい商品づくりに取り組んでこられ、障害者用のトイレの研究からはじまり、高齢者、さらには一人でも多くの方に使いやすいUD思想を取り入れた商品開発をしてきました。
国内最大規模のユニバーサルデザインの研究施設
TOTOでは、高齢者や障害者の自立を支援するための福祉用具などの開発と共に、‘02年には「UD(ユニバーサルデザイン 以下UD)研究所」を設立し、一人でも多くの方に使いやすいUD視点の商品や空間の研究・開発に取り組んでいます。これまでは、北九州市にある「UD研究所」を拠点に活動してきましたが、新たに茅ヶ崎工場内に新築しました「R&Dセンター」内に、UDを追求し使いやすさを検証・評価する場として、国内最大規模のユニバーサルデザインの研究・検証・研修機能を持つ、「UD研究所」を2月1日(水)に開所しました。     

人間は一人一人、年齢や体型が違います。子供から大人で、そして老化やケガ、または障害などあらゆる人生の状況がります。全てのライフステージにおいて、安全で快適で誰もが使いやすいと感じる商品・空間を提供できるように、「UD研究所」で人間の行動研究を追求していきます。    TOTOホームページから転用、詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

1階の壁に支える力が無いと…

今回は耐震補強について、
技術的に優先順位が高く、費用が安い耐震補強から進めましょう。

*完璧な耐震補強を求める事が現実的には不可能ですので、補強方法に優先順位をつける必要があります。補強の優先順位として高いのは、いかに建物の1階部分を潰さないようにすると言う事です。阪神淡路大震災の事例を見ても、2階だけが壊れていたり、屋根だけが落ちていたと言うような現象は全く見られませんでした。
1階部分さえ潰れなければ、家の倒壊はかなりの確立で免れる事ができます。耐震補強のニーズは「命だけ守れればいい」という方から「建物の資産価値そのものまでも残したい」という方までさまざまです。

耐震補強は家の足元から進めていくのが基本です。

耐震診断・補強工事をする時に大切なのは正確な診断、効果の高い工事を行うことのできる知識・経験のある業者に依頼する。
*耐震診断・補強は阪神震災以降の新しい技術、この道50年のベテラン大工さんでも補強の経験はゼロの人がほとんどです。
長く付き合える業者を選ぶ。
*地震は頻繁に起こるので定期的に家の状態をチェックしてもらうことが大切です。長い付き合いのできる業者を選びましょう。
j2_13
写真は株式会社サンクレテックさんHPから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

「ライセス」のリーダー 大木岩夫さんの紹介

27歳のときにアンデスの笛「ケーナ」と出会い、その魅力に大きな衝撃を受け、フォルクローレの道に入り、日本人に最も合った音色のケーナの製作をする。

岩夫さんのケーナの音色には定評があり、現在までに製作したケーナは2000本を超えている。
各地でのコンサートで演奏し、また教室を開いてフォルクローレの指導にあたっています。
現在はフォルクローレグループ「ライセス」のリーダーとして、演奏活動で活躍中。アンデスの大地と風 ライセスメモリアルライブ2枚組CD。これ一冊で、ケーナを自分で作って演奏ができるようになる。いとこの大木岩夫さんの紹介です。
music_top
raices-cd4
quena08
人気ランキング参加しています→人気blogランキングへ
この記事を評価する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

新年あけましておめでとうございます

今年も皆様にとりまして素晴らしい一年になるよう心よりお祈り申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。
開成山大神宮からですdcf_000200.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

靴職人さんにお願いした修理

約20年間使っている靴の修理を今回してみました。市内にある登山用具店に今でも修理が可能なのかたずねたら、「大丈夫ですよ、メーカーに送ればしてもらえますよ!ただやれるのは、すり切れたカカト部分の接着剤による革当て修理なんですよー?」……「他に、靴リフォーム店でもやると思いますが…。」「それと…靴屋さんが近くにありますが」。という事で教えてもらった安積高を湖南方面に200m県道沿い左側の靴店に持ち込みました。「中底は革だし、他はしっかりしてるんだから修理すればまだまだ使えますよ!」快く引き受けてくれそうなので頼んで見ました。この靴にはいろいろと思い出が有りまして、最初の2年間は買って失敗したかな?販売店からは「最初は足に合わないと思います。」、そう言った説明があったので少しはかくごしていましたが…。最初は毎日使いました。現場にも履いてったりで、少し乱暴に使っちゃいもしました。なかなか足になじま無いんです。そんな感じで2年かかりました。
やっと当たる所が無くなってからはもっと丁寧に使ってみるか!履きこなすほど良いんですよねー!ちょっと泥ドロにするのはかわいそうかなー!汚れが気になるようになって、最近は靴に愛着がわいて来てるんですよ。
今回最高の修理をしてもらいましたのでまだまだ使って行きたいと考えています。靴店は、渡辺さんといいます。a新しい靴のオーダーも受けています。若い頃は沢山の革靴を作られた腕のいい職人さんだと思いますね。修理代ですが左右で2千円はかかってないですよー。
人気ランキング参加しています→人気blogランキングへ
この記事を評価する
kutusyuuri2

| | コメント (0) | トラックバック (0)