« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月19日 (月)

PSA検査

以下、ダイヤモンド社 ウェブページ「男の健康」、記事内容の引用です。

長時間のサイクリングは危険?

前立腺がんの発症リスクに調査結果では、自転車漕ぎの時間とEDとの関連は示されなかった。巷に流布しているペニスがサドルに圧迫されて生じる「自転車ED」は、この調査においては否定されたことになる。もともと自転車EDは、自転車競技の選手や長時間──週に24時間以上(!)自転車に乗っている米国の警察官などを対象にした調査結果が注目されたもの。日常生活で乗る程度では、あまり関係がないのかもしれない。男性不妊についても同様の結果だった。 

ところがだ。50歳以上の男性では、1週間あたりの自転車漕ぎ時間が長くなるほど、前立腺がんリスクが上昇することが判明したのである。例えば、1週間あたり8.5時間を超えて自転車を漕いでいる男性の前立腺がんリスクは、3.75時間未満の男性の6.14倍に跳ね上がった。1日あたりに換算すれば1時間強。50歳を超えて、自転車通勤を敢行している男性はハイリスク群に該当すると思われる。また、週に3.75時間以上~8.5時間未満の自転車漕ぎでも、3.75時間未満よりリスクが約3倍高かった。

先行研究から指摘されている自転車のリスクは、性機能に関するものが多く、前立腺がんとの関係について考察した調査結果は今回が初めて。もちろん、自転車=前立腺がんという因果関係が証明されたわけではない。しかし、がん年齢の40歳を超えたあたりから自転車漕ぎの時間を徐々に減らしていく方が無難だろう。

「自転車、前立腺がんの発症リスク」、ドキッとする内容の記事を偶然見つけてしまった。

近年、もっとも増加している男性のがんとして、前立腺がんが注目されているようです。

胃がん、大腸がん、肺がんに次いで第4位と増加してきているみたいです。

私は年齢から考えても、そろそろ検査が必要だと思っていましたが、サイクリングをこれからも続けようと思っていますので確認したい内容です。

前立腺がんになると血液中のPSAという物質が増加するそうです。前立腺がんの早期発見においては、PSAの値を測定することが必須の検査だそうです。

毎年今頃、国保の健康診断をしてきました。来月、胃カメラ・胸部X線(肺がん)・大腸がんの検査予約を入れています。その時一緒に、PSA検査の話をしようと考えています。

上記ウェブページの報告が正しくても、いらぬ心配しないでロードバイクを楽しみたいです。

尿道部や陰部の圧迫を軽減する、サドル中央部に大きな穴・大きくふたつに割れたSMPサドルを只今検討中です。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

事故が起きてしまった

今朝は8時から、何時ものあぶくまサイクリングロードを3時間(三周目を)走った所で事故現場を発見。小原田中学校近くの、サイクリングロード側道に救急車が停まって、丁度ストレッチャーを出しているところに出くわした。

減速しながら近づいて見ると、クロスバイクが3台ヘルメットを付けた男性が3人、サイクリングロード上には初老の男性が痛そうに腕を押さえてへたってる。

ヘルメットを付けた加害者ではない方と少し話を聞くことができました。

散歩をしている男性を追い越す時に、後ろからぶつけてしまったようなのです。

あぶくまサイクリングロード、特に行合橋と金山橋の間は散歩している人も多いのです。そこを走るとき注意して追い越す時は極端な減速するのを心掛けてきました。

サイクリングを続ける上で、私は保険に入っています。マイカーにかけている任意保険の特約部分(個人賠償責任)を変更、月々数百円プラスしただけで加入できるもので考えました。

注意していても、自爆は有るんじゃないかなー?覚悟はしていますが、散歩している人にぶつけたら大事です。

目撃してしまったので、人事でないような。

「明日はわが身」と受け止めて注意して走りたいと思います。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

2020年対策

2020年は東京オリンピックがあって楽しみな年ですが、心配とされることが沢山あるようです。団塊の世代が高齢化してしまい大量の技術者が(製造業・IT・医療などの)不足するだろうと予測されている。私達、建設業界でもこの先大きく制度が変わり、業界全体が「省エネ基準義務化」踏まえて対応して行くことになります。

日本はエネルギー自給率が少なく、石油などを輸入に頼っているため、石油が高騰すると経済が滞ってしまう。私たちは、少ないエネルギーでまかなっていくことが急務となっている。

現在、建てられている住宅で何に多くのエネルギーが使われているか?1位:冷暖房、2位:給湯、3位:照明となっております。

これから建築する建物や住宅などの、冷暖房・給湯・照明に使われるエネルギーを減らすことで、対策しようというのが国の考えるところです。

建物や住宅の、断熱性能・気密性能を上げる、電気を食わない設備機器を使うなど考えた設計をして行く事を義務化する制度です。「省エネ基準義務化」

そんな事から、私は昨年から勉強会に出席し、この先も建材業者などが行う勉強会にも出ようと考えております。

ロードバイクは週に2~3回、ただ今の体重63キロ。もっと食べて、65キロに戻そうと思います。

アイシングを欠かさずやってるので、膝の方は今のところ問題なさそうです。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »