« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月 5日 (金)

歯軋り

自分では分からない。

ここ20年は大人のひとり寝をしておりますので、家族に聞いても?隣の部屋で寝ている家内では分かりません。

歯医者さんが見ると、歯軋りの痕跡があるそうなのです。前にも言われたことでしたが、今でも続いているようです。心当たりがあります。昨年1月25日に書いた記事、モラルハラスメント 下記アドレスから見れます。

http://sekkeiya.cocolog-nifty.com/sumai/2015/01/post-9b73.html

市内の設計事務所に勤めてた時の、30年以上も前の事が良く夢に出てきます。その夢を見てる時は、間違いなく歯軋りしてますね。

それ以外でも、心配性の私はいろいろ戦ってる夢をよく見ます。

目が覚めると寝汗をたくさんかいてます。

今日は、陰山建設さんで行われた献血運動に参加してきました。 暑くなる予報が出てますので午前中から混雑していました。献血バスが県内の全部を集めた8台でフルに採血が行われたようです。

私は、冬も、年2回の献血をしています。

これからも続けようと思いますが、70歳になったらできない。

あと少しで、できなくなってしまうのが、ちょっぴり悲しい。

でも健康だからやれることですよねー。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

唾液の重要性

今まで生活してきて、具合が体調が悪いなー。と、感じることは特になかったのですが、還暦過ぎたら・・・体力の衰えを少し感じています。

食べる量に気をつけて、運動も半年前から始めたロードバイクのお陰で、体重は20代に戻った。でも、お腹周りはぶよぶよ、そこを何とかしようと別メニューのトレーニングを考えたい。体重は落ちても、裸になるとねー。

運動は、今やってるロードバイクで十分だと思います。後十年は、静かに続けたいとこです。間違っても競技にでるようなことは考えないようにして、骨折とか・脊髄損傷避けたいですのでスピードはいつも抑えた走りに心がけます。

食生活を考えた時、口の中の環境が一番大事だって事を、一年前に知りました。歯の治療は痛くなってから(それは突然に)、では駄目だったことが理解させられたのでございます。

それと、ちゃんと唾液が分泌されてないと歯(口の中の環境)に大きく影響されることも教わりました。

唾液の重要性って、食べ物を消化する働き・話したり飲み込んだりする時に舌や口の動きをよくするとか・口から入る雑菌を減らすことは考えた事が有りましたが、虫歯・歯周病・口臭を減らす働きまで有る事は知れませんでした。

プリベンションすることで分かったことが有ります。私は、唾液の分泌が少なさそうなのです。

一般的にも加齢により少なくなるようですが、たくさん水分を取ってても駄目、私は対処法を考えた方が良いようです。

私ストレス無いので、食べ物、健康を口のなかの環境を整える予防歯科からも頑張ってみたいと思います。

始めたのは、歯科専用のキシリトール入りガムを噛むことから、

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »