« 屋根が壊れる | トップページ | 工事の増加で人手不足 »

2015年5月31日 (日)

除染作業

郡山市では、ふるさと再生除染実施計画に基づき、一般住宅(住まい内部はやらない)の除染を行っています。

市内全域の被ばく線量を長期的に年間1ミリシーベルト(高さ1メートルで毎時0.23マイクロシーベルト)未満とすることを目的にやっています。

汚染の酷いところから始まり(平成24年度から)、私の住む地域はやっと今年、これから測定をし作業を9月までに終わらせる予定になっています。

道路をはさんだお隣さんは先月除染作業をしたのですが、測定の段階で少し微妙な数字が出ていました。除染作業をする側が計れば(したい側)毎時0.23マイクロシーベルトこえる。もし東京電力が来て計れば、毎時0.23マイクロシーベルト以内って事になりそうな数字です。

実際の作業の雨どいの除染は、高所作業車が入れる所は高所作業車でするそうだが、多くはハシゴから、屋根に上がってする方が簡単な時は屋根に乗ってやってるみたいです。足場を組んでやってるところを見たことがないので、殆どがハシゴで済ませているようですね。

ハシゴを雨どいに掛ければ雨どいが、ハシゴで屋根に上がれば屋根も壊れますね。確実に。

除染することに意味があっても?

除染することで建物の寿命を短くされたら、

心配事が、新たに増えましたね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 屋根が壊れる | トップページ | 工事の増加で人手不足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/61672464

この記事へのトラックバック一覧です: 除染作業:

« 屋根が壊れる | トップページ | 工事の増加で人手不足 »