« 猪苗代の小水力発電所 | トップページ | 運転免許証の更新 »

2014年7月21日 (月)

4年前に作ったバルコニー

バルコニーを自分で作ったことを、ブログでも紹介しました。

http://sekkeiya.cocolog-nifty.com/sumai/2010/03/post-8f25.html#comment-97546378

そのブログ記事に、昨日コメントをいただきましたので少し追加説明をします。

作り始める前、最も大変だと考えたのが足場パイプの切断です。

20箇所以上の切断を自分でやるとなると、電動グラインダーと数枚の替え刃が必要になります。家には電動グラインダーがあります。今までも鉄の切断をした事がありますが、一箇所切るだけで歯が直ぐに無くなりますし、きれいに直角に切ることが難しいです。

その部分をホームセンターで、1カット50円でしてもらいました。

6メーターある足場パイプに、売り場の片隅をお借りて、ミリ単位で計測し、しるしを付けます。切断を、ホームセンターで切ってもらうと正確にきれいに出来ます。

深く考えないで作業を始めると、パイプ切断を精確に行うことが重要な事だと後で思い知らされることになると思います。

そんなことも考えて、私は図面をCADで作り、CAD上で各部材の切断寸法がミリ単位で計測が出来ますので、結果、構想通りに組み立てが進みました。

一つも、無駄な切断がありませんでした。

図面を作れば、必要な接続金物も分かりますし、見積もりも出ます。

接続金物も、ホームセンターに常時在庫している物で揃いましたし、送料がない分高くないと思います。手にとって、いろいろ考えるのも楽しいところかと思います。

参考までに、CAD図面を添付しました。 「barukoni.pdf」をダウンロード

昨日いただいた、谷さんのご質問にお答えします。

作ったバルコニーと外壁との取り合いは、文中にも書きましたがホールダウン金物を使いました。一般の方にはなじみが無いと思います。木造の住宅を建築する場合、基礎に埋め込んだ16ミリのアンカーボルトと柱を緊結する目的に使われる金物がベストだと考え採用しました。

床デッキ材はウリン、ネットで購入。

パイプの購入は、ジョイフル山新日和田店。足場パイプ、カインズホームのはパイプが薄肉、切断も自分でやればタダ何ですが、軽トラックも無料で借りられますが、今回は山新で済ませました。

屋根は、付ける予定ありません。

4年前の、自分で作ったバルコニーの正直なところの感想ですが、

材料費が9万円位かかり、地上3メーターの足場の悪い所で一人で組み立てられるかを、いろいろと構想をねっていた時間が10日以上。

私の家は、外壁に外断熱、既製品がうまく取り付かない、大きさもちょうどした寸法のがなかったので製作しましたが。

予算を10万円出せるなら、既製品の方がずーと楽にできあがると思います。

組み立てを自分でやれば、10万円でアルミ製の、見た目の良いバルコニーにあると思います。

自分で作るのは、見た目既製品には負けます。

ですので、あんまりお勧めができませんね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 猪苗代の小水力発電所 | トップページ | 運転免許証の更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/60019750

この記事へのトラックバック一覧です: 4年前に作ったバルコニー:

« 猪苗代の小水力発電所 | トップページ | 運転免許証の更新 »