« 福島県民の願い | トップページ | 今日の雪は散々な一日 »

2013年1月 5日 (土)

今年明るい年になりそうです

明けましておめでとうございます。

昨年の暮れから、歯科医院の設計をさせて頂いております。

9年前に開院された歯科医院の増築工事を、只今進めています。

福島地域型復興住宅・地域住宅生産者グループのメンバーの田村市・丸ウ吉田工務店さんの「びおプロダクト」、私は建築士の一員に加えさせていただいておりますが、今年は具体的な実例があるのでは無いかと思います。

「びおハウス」は、地域の工務店と建築家が一緒に作る、住まい手を含めて、共同・協同・協働してその地域にあった家を作る考えです。

よくあるモデルハウスや、画一的な商品化住宅ではない住まいです。

「商品化住宅ではない住まい。」、既存の工務店さんが、ローコスト系ハウスメーカーと一見見た目出来上がりが同じ風に作るやり方だけをまねをすることは、この先、難しいと思います。

お施主様も世代代わりをして着ていますので、若い建築主さまの気持ちを逃さない努力を怠っては駄目。住まいづくりの基本を忘れては、ローコスト系ハウスメーカーのように、すぐに飽きられてしまうと思います。

私は今までを省みて、この機会に深く勉強させていただきたいと考えております。

今年もよろしくお願いいたします。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 福島県民の願い | トップページ | 今日の雪は散々な一日 »

コメント

大木さん、明けましておめでとうございます。
今年は福島と一緒に笑顔の年にしたいと思っております。
ご支援ご協力どうぞよろしくお願いいたします。
堤下町にスタートする住まいは、
同じ境遇の被災者の方々に、「見て頂きたい」
そんなお客様の想いで、
6カ月間展示場とさせて頂くことが決定いたしました。
原発に頼らずに生活の質を上げる、
自然室温で暮らす住まいを体感頂けると思っております。

投稿: 吉田正之 | 2013年1月11日 (金) 11時26分

吉田さんへ、今年一年よろしくお願いいたします。
堤下の現場が始まったら、拝見させていただきたいと思います。
「自然室温で暮らせる住まい。」私も、体感を楽しみに、伺って見たいと思います。

投稿: 大木 | 2013年1月11日 (金) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/56473126

この記事へのトラックバック一覧です: 今年明るい年になりそうです:

« 福島県民の願い | トップページ | 今日の雪は散々な一日 »