« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月25日 (日)

2時間かけラーメン食べに

新潟市内にある「いっとうや」と言うお店に、無料化が今月で終わる高速道路を使って今日行ってきました。

http://r.tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000840/

「いっとうや」には、味以外の複雑な思い出に残るラーメン屋です。

原発が吹っ飛んだ日、一年前の3月15日夕方の6時に郡山を出発し、渋滞している国道を何とか夜中の2時にホテルに泊まる事ができた新潟市内にまた行ってきました。

当日、私達は息子のハリアーに、積めるだけの食料と寝袋・毛布をつめ仕込んで夜逃げをしました。

新潟市内はあの日、原発事故のことと、ガソリン騒ぎは別世界のようでした。

観光をするなんてことは考えられませんので、私達はホテルから一歩も出ないでテレビから離れられなかった。

もし、これ以上悪くなったらどっちに逃げる。北それとも南、関西方面にでも行くようになるの、毎日が不安でたまらない新潟での宿泊でした。

泊まったホテルの女将が言ったのが、「原発がもっと酷くなったら、新潟も福島と一緒です。」新潟市民がそんな事が起こるなんて、考えた方がどれだけ居たか?NHKなどのテレビを見ているだけでは、感じ無かったと思います。

息子、家内、私は仕事がありますので、4日間だけのホテル宿泊。

母親と娘は9日間、新潟市内のホテルに避難していた費用、東京電力に持ってもらいたいです。

避難から4日目のお昼、母と娘を新潟に残してくる時に食べたのがこのラーメン屋です。

私は一人、家族の絆を考えながら食べたラーメン。一年前、そんなに美味しいとも思わなかったラーメンです。

今日は二度目、限定20食の炊き込みちゃーしゅー丼・100円と、かさね醤油・600円を頂きましたが、うまいなーと思い大満足で食べました。

偶然見つけたこの店に、原発事故が無かったら、高速使って2時間かけてまた来よう何て考えなかったと思います。

家内が言い出した「またあのラーメン屋に行こう。」そんな事から行くことになったのですが、「私、行かない。」と言う、家族は居ませんでした。

その事は、原発のお蔭?

無駄にガソリンを使ってしまったので、帰りに直売店で野菜と市場で魚を多めに買って来た。それは間違いなく、原発のせいですね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

原発再稼動

定期検査で停止中の原発、一番安全そうな所から再稼動されるべきだと思います。

原発は一日も早く、無くせば良いと思いますし、福島県内にある全ての原発、福島第二原発も含め、無くすのを早くすべきだと思います。それなのにどうして、他県にあるのは良いの?…

今の状態の第一原発・4号機の高い位置にある使用済み燃料が入っているプールの水が無くなってしまったら、どっちにしろ東日本に人が住めなくなってしまいます。1分でも早く、4号機の燃料体を安全なところに移動しなければ、原発は危ない状態に現実あるそうなのです。地震が、心配です。

平成24年3月21日の東北地方と関東地方の各地で計測された屋外の放射線量です。福島市で0.80マイクロシーベルト、郡山市で0.60マイクロシーベルト、南相馬市で0.36マイクロシーベルト。北茨城市で0.113マイクロシーベルト、水戸市で0.075マイクロシーベルトと横ばいの状態が続いていますが、4号機の使用済み燃料が入っているプールで臨界が起これば関東も対岸の火事ではなくなります。

原発で作る電気でお金を作り、撤去費用を一番の優先に確保してもらって、福島第一原発の終息をして一日も早い安全な福島にしてもらいたい。そんなにのんびりしていて、悠長なこと言っていて大丈夫なのでしょうか?

また、夏に電気が足りないよ。と言った騒ぎになりそうです。

オール電化住宅を作ることに、一緒になって電力会社の営業の手伝いは、これからも絶対にしません。

電気が、家庭で自給自足できない状態では、電力会社だけに依存するのは危険ですね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

展示会のはしご

今日は、東京ビックサイトで行なわれた住宅フェアに参加しました。

㈱ツボイさんで募集した、バスで行くジャパン建材フェアに、住宅建材総合展示即売会を見てきました。

http://www.jkenzai.co.jp/

このような、東京で行なわれる展示会には今までも何度か、ツボイさんのご好意で参加させて頂きましたが、行けば必ず新たな発見が有ります。

今、住宅業界は大きく変わろうとしております。

より一層、「環境重視」、「環境共生型の住まい」の方向に、向かって行くようです。ボーっとしていると、世の中の動きから置いてかれそうです。

キッチンメーカーのブースで感じたことに、IHが少なくなってしまったようです。ガスが復活、当然と言えば当然。オール電化住宅は、昨年の震災以降、新築・リフォームをされている中で3割位のお宅でしか採用されていないようです。

Tenzikai

そして、後半は秋葉原で行なわれた、医院デザインフェアにも参加しましたよ。展示会のハシゴですね。

イベントは、歯科医院の設計に関した、建築設計事務所、デザイン会社、ハウスメーカー関連会社などによる医院のインテリア、エクステリアに関する展示。

今回、始めて行って見ましたが、こちらのフェアは私が参加するのは少し違っていたようです。

開業をお考えの先生、又は現在営業されている先生方に来て頂きたい展示会だと感じました。

会場内でお話を伺ったのは一社だけ、京王デザインの方としゃべっただけでした。

京王デザインさんは、今回医院デザインフェアに出展されたのが初めてだそうです。

私が、以前お邪魔した事があった東京のショールームを三年前に無くしてしまったそうです。

http://www.dentalnews.co.jp/cdf2012/syuttensya.html

帰りは八重洲口から乗る、さくら観光の片道2,500円の、けちけちバスツアーでした。もったいないので、新幹線は使えません。

帰宅できたのが10時過ぎ。

朝、5時起きでしたので疲れました。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

岐阜県可児市の、

歯科医院の現場、見てきましたよ。

昨年の震災原発ドッカーから三ヵ月、暗い日が続いているときに歯科医院の仕事を頂きました。今のこの福島で、新規の歯科医院の設計に関われるなんて考えても見ませんでしたので、本当に嬉しかった。

会津若松市の総合病院にお勤めの、御実家が岐阜の先生の、設計と確認申請業務をしました。

施工は、岐阜県各務原(かかみがはら)市の株式会社 オンダさんです。

工事中の監理は、私が現場を見ることは距離的なことから大変だろうと考えてくださって、オンダさんにお任せすることで工事は進みました。

で、どうして私が工事中の現場を見る事ができたかと言いますと…

三日間の予定で、愛知県豊橋市で行なわれる姪っ子の披露宴に出席するために出かけました。

近くまで行くんだから見てみたかった。岐阜県可児市までは、100kmの距離になります。

東名高速を使わないで、東北→北関東→上信越→長野→中央自動車道で来ましたので、ちょっとだけの寄り道です。

訪問は、工務店さんには事前の連絡をしていなかったので、ちょっとドキドキもので伺いました。

突然でしたので現場監督の佐野さんはお休みの日、オンダさんの事務所に連絡を入れて、快く私を受け入れてくださいましたので訪問が叶いました。

しっかりと見てきましたよ。細かいところの、職人の仕事ぶりも。

うわぁ……、問題?

…有りません。

工事は、良くできています。

自分が設計した歯科医院の工事監理をしなかったのは初めてです。

現場を去るときです。

ちょっとうるる…としてしまいました。

今回、足を延ばして現場まで行って良かったです。

古田摂夫先生、仕事をさせて頂きまして有難うございました。

感謝しております。

Kani1Kani2

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »