« 原発再稼動 | トップページ | 父親の命日 »

2012年3月25日 (日)

2時間かけラーメン食べに

新潟市内にある「いっとうや」と言うお店に、無料化が今月で終わる高速道路を使って今日行ってきました。

http://r.tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000840/

「いっとうや」には、味以外の複雑な思い出に残るラーメン屋です。

原発が吹っ飛んだ日、一年前の3月15日夕方の6時に郡山を出発し、渋滞している国道を何とか夜中の2時にホテルに泊まる事ができた新潟市内にまた行ってきました。

当日、私達は息子のハリアーに、積めるだけの食料と寝袋・毛布をつめ仕込んで夜逃げをしました。

新潟市内はあの日、原発事故のことと、ガソリン騒ぎは別世界のようでした。

観光をするなんてことは考えられませんので、私達はホテルから一歩も出ないでテレビから離れられなかった。

もし、これ以上悪くなったらどっちに逃げる。北それとも南、関西方面にでも行くようになるの、毎日が不安でたまらない新潟での宿泊でした。

泊まったホテルの女将が言ったのが、「原発がもっと酷くなったら、新潟も福島と一緒です。」新潟市民がそんな事が起こるなんて、考えた方がどれだけ居たか?NHKなどのテレビを見ているだけでは、感じ無かったと思います。

息子、家内、私は仕事がありますので、4日間だけのホテル宿泊。

母親と娘は9日間、新潟市内のホテルに避難していた費用、東京電力に持ってもらいたいです。

避難から4日目のお昼、母と娘を新潟に残してくる時に食べたのがこのラーメン屋です。

私は一人、家族の絆を考えながら食べたラーメン。一年前、そんなに美味しいとも思わなかったラーメンです。

今日は二度目、限定20食の炊き込みちゃーしゅー丼・100円と、かさね醤油・600円を頂きましたが、うまいなーと思い大満足で食べました。

偶然見つけたこの店に、原発事故が無かったら、高速使って2時間かけてまた来よう何て考えなかったと思います。

家内が言い出した「またあのラーメン屋に行こう。」そんな事から行くことになったのですが、「私、行かない。」と言う、家族は居ませんでした。

その事は、原発のお蔭?

無駄にガソリンを使ってしまったので、帰りに直売店で野菜と市場で魚を多めに買って来た。それは間違いなく、原発のせいですね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 原発再稼動 | トップページ | 父親の命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/54308508

この記事へのトラックバック一覧です: 2時間かけラーメン食べに:

« 原発再稼動 | トップページ | 父親の命日 »