« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月23日 (火)

会津の観光

歯科医院の設計の打ち合わせに、会津若松市に来る機会がここんとこ増えました。

会津、今まで来てそうだけど、以外と何にも知らない私です。

二年前に、鶴ヶ城に登ったのも、中学の遠足で尋ねた以来でした。

関東から、会津に観光で来る方も多いのに、ちょっともったいないですよね。

そんな事から今回は、少し早めに郡山を出発し、昨日は、打ち合わせの前に会津観光をすることにしました。

末廣酒造・嘉永蔵に行ってきましたよ。

http://www.anco.co.jp/kaeigura.html

のんべいじゃない私が、何で、造り酒屋の見学? どうしてでしょうか? 

創業が、1850年の造り酒屋さんです。

木造三階建ての建物と、明治、大正時代の伝統的な蔵造りが、城下町会津の昔の美しい景観を感じ取れます。

嘉永蔵2階大広間には、野口英世が訪れた時に残した書などがあり、教科書にのってそうな歴史がここには有りましたよ。

順路の最後に大広間で、説明員さんに、「お客さん、建築屋さんですか!」と、突然聞かれた時、私一瞬吹いてしまいました。

私の仕草、そして目配りは、プロから見れば一発で、見学の目的が感じ取れたようです。私、ひとっことも質問したりはしませんでしたよ。でも、説明員さんには、お見通しだったようです。

だからと言って、不愉快な感じを受けた訳ではないです。次回は、ぜひ、お酒好きな方と一緒に、またこちらをお尋ねしたいと思います。

建物続きに蔵喫茶がありますので、次は、コーヒー・シフォンケーキでも食べて、もう少しゆっくりしてこようと思います。歴史のある建物、落ち着けて良いですね。3月11日の震災の被害は、殆ど無かったようです。建物の耐震性が高かったと言うよりは、建っていた所が良かったと思います。昔ですので、基礎らしい基礎が無かったのに、家作りは設計屋とか工務店を選ぶことより、建築場所の選択が大事になっていますね。

地鎮祭の時は、私はお祝い酒を、末廣に決めております。

帰りは、高速を使ったので40分で帰宅。

高速料金無料化は、ありがたいです。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

献血

今年は施設、郡山駅構内の献血ルームでやってきましたよ。

ここ数年、8月の第一週に陰山建設さんで行われる愛の献血運動に参加しましたが、今年は案内がありません。多分、やらなかったと思います。

「福島人は、被爆しているから、献血できないって?言っていたよ。」と、家内が言っていた事で、なぜか納得してしまいました。

「本当なの?」

「そんなに、放射能の被害が大きいの?」

「え、もしかして風評被害!」

福島県人が、稲ワラ食っていた訳では無いのに……

私の、ひねくれた性格が少しでも良くなる事を願って、やっぱり献血を、することにした次第です。

日本赤十字社では、献血に協力する方へ、7項目の生化学検査成績および8項目の血球計数検査成績をお知らせしています。

これらの検査成績は、献血後おおむね2週間程度で郵便にて通知されます。

通知される血液検査結果には、過去の履歴も見ることができるようになっているので、健康管理に役立てることができます。

幸い、私は標準値から外れた事が無いので、献血のたびにホッとしてきました。

私の献血をする目的に、健康診断と言う、邪念が少し有りますが許してください。

400mLと言わないで、もっと取っても良いですよ。

セシュウムとか、ストロンチュウムは入っていないと思いますので、少し太ってきてしまったのでダイエットになれば良いので…、それも違っていますね。

福島第一原発の事故で、私達は気が休まる日がありません。

がんばるべ福島人!がんばんべ郡山人!

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »