« もう、地震体験車に、 | トップページ | 電気のいらない生活 »

2011年4月 9日 (土)

オール電化、正念場を迎えているかもしれない。

「エコで経済性に優れている」などの触れ込みで東京電力をはじめとする電力会社が販売に力を入れてきた「オール電化」の商品が、東日本大震災の影響で存続できるかどうかの岐路に立たされている。調理や給湯、冷暖房など全てのエネルギーを電気で賄う「オール電化住宅」は計画停電で不自由な存在に。電力消費量が多いことから、東京電力はオール電化の商品の販売を休止したそうです。

日本の電力のおよそ3割は原子力発電によってまかなわれている。

原子力発電が、どんなものかが書かれているWebページを見つけました。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

平井憲夫さんが、福島原発の事故を予言していた。

その原発が、近くにある。

今まで、原発反対と思っていたけど、何にも行動を起こさなかった事は子供達に責められても言い訳ができない。

私にできる事をしっかり見極めて、これから政治家を選択します。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« もう、地震体験車に、 | トップページ | 電気のいらない生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/51340451

この記事へのトラックバック一覧です: オール電化、正念場を迎えているかもしれない。:

« もう、地震体験車に、 | トップページ | 電気のいらない生活 »