« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

電気のいらない生活

原発に、毎日毎日苦しめられている時だから考えます。(電気がある生活、本当は感謝しているんですけどね。)

でも、停電が二日続いただけで、不自由してしまう。

電気のいらない生活は、無理な話なのだろうか?

原発を増やして便利な生活を求め続けるよりも、エネルギーの浪費・消費を見直す生活が今必要ですね。

不便でも、少し以前のような住宅環境に戻しても、私は長生きがしたいです。

もし、電気料金が5倍くらい高くなれば、私は相当工夫して節電するだろうな。

電気が簡単に、好きなだけ使える時代はもう終わりかも知れない。

現在の、電気エネルギーだけによる住まい環境は、直ぐにも考え直す必要があると思います。

私は、暖房の半分を薪ストーブで、一番先に備えます。先ずは、来月薪小屋を作ります。その後に、

緊急事態に備えて、ガソリン式自家発電機も買っておこうと思います。

毎年備えていることですが、年間食べる米を半年分、明日180kgを船引町の農家から買ってこようと思います。

私は、家での防災担当大臣になることを宣言します。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

オール電化、正念場を迎えているかもしれない。

「エコで経済性に優れている」などの触れ込みで東京電力をはじめとする電力会社が販売に力を入れてきた「オール電化」の商品が、東日本大震災の影響で存続できるかどうかの岐路に立たされている。調理や給湯、冷暖房など全てのエネルギーを電気で賄う「オール電化住宅」は計画停電で不自由な存在に。電力消費量が多いことから、東京電力はオール電化の商品の販売を休止したそうです。

日本の電力のおよそ3割は原子力発電によってまかなわれている。

原子力発電が、どんなものかが書かれているWebページを見つけました。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

平井憲夫さんが、福島原発の事故を予言していた。

その原発が、近くにある。

今まで、原発反対と思っていたけど、何にも行動を起こさなかった事は子供達に責められても言い訳ができない。

私にできる事をしっかり見極めて、これから政治家を選択します。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »