« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月29日 (水)

今年一年、有難うございました。

今年一年、ホームページやブログでは皆さんに訪問して頂いたことは、本当に有難うございました。

昨日は、神棚の掃除をしました。

昨年父親が亡くなり、正月を迎える事が出来なかったので、二年ぶりのしめ縄の取替えです。以外と、神棚の上には、ちりが溜まっていませんね。お金も、貯まんなかったでした。

先週末の、24・25日の雪にはびっくりしました。いわき市まで出かける用事があったので心配しましたが、車を15分も走らせると道路には雪が殆どありません。49号国道を使って、2日間往復しましたが問題なく終える事が出来ました。

そして3日前、十数年ぶりに釣竿を買いましたよ。

小名浜港近辺には、来年からは行く機会が増えそうなので、新しい竿で気分も一新して頑張りたいと思います。

Photo

仕事の方も、今日で終わりです。

では…皆さま、風邪などに気をつけて、新年を迎えてください。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

名倉の現場日誌3

いよいよ外部の足場も解体され、外観が周囲からも分かるようになりました。

現場事務所の撤去を今週中に終え、来週から駐車場工事が進められます。

来月10日位には、完了検査を予定しております。

次回の現場日誌で、もう少し、内観写真などで詳細な紹介ができると思います。

123

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

日本一の製材所の見学

山で杉の立ち木を切り倒す実演と、国産材を製材する工場としては日本一と言う規模の協和木材株式会社の工場見学に、今日行ってきました。

ツボイさんが誘って下さった、バスツアーに参加しました。

場所は、東白川郡矢祭町です。

バスから降りて200mくらい歩いた所で、私たちの前でチェーンソーで切ってくれたのですが、高さ20m以上もある立ち木が倒れる瞬間は、感動ものでした。本来の杉が植わっている山林は、私達素人が簡単に行ける所ではない事は、私でも想像が付きます。

その後は、塙町にある製材所の見学です。

http://www.kyowamokuzai.co.jp/kaisya.html

デカイ。ものすごくデカイ製材所です!

私は、敷地の広さと、そして建物の大きさにびっくりしました。

一日に、柱材にして3,000本が、24時間体制で作られているそうです。

他に、杉材で間柱・板材、地松材で桁・梁をフルサイズでストックしているそうです。

人工乾燥材と、天然乾燥材を生産している工場ですが、地元の杉材を加工されている割合は多いとの事でした。

協和木材さんは、地理的にも恵まれている所に工場が有る。と、言うことです。

福島・栃木・そして茨城県にも隣接しているこの地域は、良質の木材「八溝材」が生産される所です。そこに、大規模な、コンピューター制御システムから品質が一定した柱材が量産できる工場があるのは、当然と言えば当然の結果なのでしょうね。

このまま、協和木材さんのような国産原木を製品にしてくれる企業が残れないような世の中では困ったものです。TPP(環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定)に参加をするようなことになれば、今以上に林業は致命的な打撃を受けると日本林業協会は考えているようです。農産物・食料と一緒に、国産木材も考える必要がありそうですね。

個人的な考えですが。

今まで通りに、郡山産の作り手の気持ちが分かる米を食べて、私は将来、薪ストーブか?国産のペレットを燃して暖が取れる暮らし方をしたい。そして、日本の漁師さんが獲った魚を、安全なものをお腹いっぱい(腹八分目が理想ですね)食べれる生活を送りたいです。

丸太の写真を付けましたが、工場敷地内に置かれていた皮をむいた松材です。

よーく見ないと分かりませんが、全体がねじれている事に気が付きましたか?松は、ねじれて大きくなると言う事が分かりますね。

そうすると、梁・桁にした物がねじれるのは、普通に起きることなのかも知れませんね。

Photo

1

2

3

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »