« 長期住宅ローンで買っても大丈夫? | トップページ | 建築士定期講習を受けた »

2010年6月 8日 (火)

ローコスト系住宅メーカー、倒産?

最近、「タ〇ホーム倒産」というキーワードでの検索数が急増しているそうです?ちなみにyahooでの検索結果は、2009年7月に17万件だったのが、2010年3月には27万件へと急増しています。CM放送も急に少なくなったような…、噂に拍車を掛けているようですね。

住宅メーカーの経営破綻が相次いでいます。工事代金の大半を支払っていて建物工事がストップしていたり、代金の一部を支払って着工すら行われていないというケースも数多くあるようです。それに伴い、マイホームの夢が困難になっている方々もいる。どうしてこのようなリスクが発生するのか、他人事としてでなく私たちはよく考える必要があると思います。

ローコスト系住宅メーカーの、「坪単価**万円」という表現はあてになりません。商談の、とっかかりのようなもの。お客さんと商談を進めていく段階で、付帯工事価格やオプション価格を上乗せして、価格を上げていくスタイルをとっていたわけです。「**万円から」という表現がくせ者なのを、知っていただきたいと思います。

実際に人が住める状態にするためには、その坪単価では無理です。給排水工事やその他諸々の費用が必要です。(坪単価は全て標準仕様のオプション一切ナシで建物の値段だけです)当然、諸経費などは別になっている。

ローコスト系は、見えないところに手抜きがなければ、値段の割にはいい家だと思います。ただ、安くたくさんの家を建てることで通常の利益を得るように設定されていることもあり、大工さんも建て逃げ状態のようです。住み始めれば、一般的に多少の不具合は出てきます。その不具合を連絡しても大工さんが忙しく来て貰えない、アフターが心配な会社がローコスト系住宅メーカーです。

最近、「ユニクロ住宅」という言葉をよく耳にします。ユニクロ?シンプルで必要最低限の機能だけを提供している住宅の総称です。

景気が悪くなってから、低価格で品質の良いものが、プライベートブランド商品(最近、手に取る事が増えました。)、ユニクロ、家具のニトリ?(私は、一度も店に入った事がありません。)などが人気を集めるようになりました。

必要最低限で個性はないが、性能的には及第点・・・可もなく不可もなく・・・「こういう家を建てたい!」・・・・で、いいのでしょうか。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 長期住宅ローンで買っても大丈夫? | トップページ | 建築士定期講習を受けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/48574224

この記事へのトラックバック一覧です: ローコスト系住宅メーカー、倒産?:

« 長期住宅ローンで買っても大丈夫? | トップページ | 建築士定期講習を受けた »