« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月25日 (木)

地鎮祭する?しない? 上棟式は…?

地鎮祭とは、建築や土木などの工事に先立ち土地を清め土地の神様を祝って、工事の安全と建物の完成、また建物の末長い加護を願う儀式のことです。

上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを祈願する儀式。一般的に上棟式は、新築の家の土台が出来上がり、柱、梁、骨組みが完成したあと棟木を取り付けて補強する際に行います。

上棟式は、正式には神主さんに祈祷を行ってもらうのですが棟梁に行ってもらう略式が多いようです。現代は、ハウスメーカーにより工務店や大工さんやその他の職人さんも系列化が進んでいます。また在来工法においても、プレカット材を使うなど工場生産が進んでおり現場で墨付け手刻みをすることも少なく、大工さんなどの職人さんも世代交代が進めば、これらのことを考えますと上棟式はいずれなくなるような気がします。

「地鎮祭」は、どうでしょうか?

今まで私が関わった現場では、100%お施主様の意向で地鎮祭は行なわれました。近年、神職を呼んでする地鎮祭が徐々にですが減りつつある、と言うことが分かりました。新築住宅で、神棚が設けられていない設計をした事がありますので、地震祭をする意味が無いと考えるお施主がいらっしゃっても不思議ではないのですが、神棚を作らない住まいで地鎮祭を行う事の方がおかしいのか?私には良く分かりませんので、これからも勉強をしないといけませんね。

先日の父の一年祭に来ていただいた神職に、墓地までの車中で伺ってみました。「先週、ビックパレットで行なわれた。うつくしま住まいとリフォーム博の会場内に、福島県神社庁のブースがありました。」私は、今までいくつかの住宅フェアに行きましたが、神主が会場内でパンフレットを配っていたケースは始めてでしたので聞いて見ました。神職からは、「そうでしたか……。神社も、啓蒙活動は必要ですので、そうした事もして行かないと駄目ですね…。」「家を建てようと考えた時、殆どのお施主様は地鎮祭をされていると私は思いますが、どう何でしょうか?」、「先日、サン〇〇ホーム(ローコスト系)の地鎮祭に呼ばれた時、現場担当者の対応が違っていることを私は指導的な注意をしたつもりでしたが…」若い監督さんの対応に、いやな気分になったそうです。サン〇〇ホームは、地鎮祭をしているケースは多くないんだろうなと、その時、神職は感じたそうです。

私の、想像です。

家を作るとき、工事の始めに、土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ることの祭事を、若いお施主さまの中で知らない方が居るのでは無いかと思います。住宅メーカー特にローコスト系の若いメーカーは、わざわざ自分達の方からお施主様に話しを出したりはしないと思います。時間とお金がかかる祭事は省略した方が、との考え方が有ると思います。ローコスト系は、工事期間中は、お施主様に深く考える時間を与えないでさっさと仕上げてしまおうとしてきますので、気がついた時には引渡しが済んでいます。

皆さんは、子供が生まれた時、お宮参りしますよね。

七五三!着物着せて、お参り。

受験の前には、願掛け。

初詣も、ほとんど毎年行っている!

一生をそこで暮らすかもしれない住まい作りの始めに、神職を呼んでの工事の無事を祈る儀式を省略してしまいますか?…。建売では、したくってもできないか…。ちょっと、残念な気がします。

私は、特別な理由が無いのであれば、多少の出費は必要ですが、地鎮祭はした方がいいのではないかと考えます。皆さんも、お宮参りをするのと同じ感覚で、お近くの神社に、お祓いをお願いされて見てはと思いますね。

私の父親が生まれた家は、神社と親類の関係にあります。で、私のところは、これからも神社との関係は続けて行きたいと考えております。

附記*近づいた4月1日のお天気が気になります。今年は遊びの方でも、いつもの年の状態に戻させてもらっても良いですよね。じいさんが好きだった魚釣りにも行きます。そして、膝のご機嫌をうかがいながら、テニスする機会も増やします。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

バルコニーを自分で作る

前からやってみたかった事を、かたちにしました。完成まで、一ヶ月かかりました。

職人としての経験が無い私が、一人で、脚立とハシゴだけを足場にして1.9m×1.3mの大きさのバルコニーを組み立てました。このような足場パイプを使ってのバルコニー製作、自分の家だからやりましたが、お客様の設計には採用できない事情があります。その訳は・・・

足場用の亜鉛ドブメッキ仕上げの単管パイプを切断して、接続は簡単にジョイントできる金具がホームセンターでも売っていますのでそれを使いました。昨年に1階のウッドデッキを作ったときも同じ物を使いました。でもこの金具には、「★警告! 人が上に乗ったり、ぶら下がったりするような台やはしご、足場などは作らないでください。」と、有りますので、お客様の御宅の設計には入られません。ですから、この金具の使用は自己責任、承知して私は作りました。http://y-syoko.com/tankan.htm

先月から、外断熱工法の外壁に5センチ×25センチの穴を開け、受け金具(カナイ・シークホールダウンCHD-2530  http://www.dogudoraku.com/catalog/product_info.php/products_id/8037)

をつける等をして準備をして来ました。その後の組み立てを、地上3メートルの所で、一人でどうやったらうまく行くかをシミュレーションしました。図面はもちろん作りましたが、組み立て方を考えた時間の方が長かったです。

これなら行けそうだと考えたやり方は、まず始め組み立てる前に、垂木材でヤグラ(私が乗れるくらい丈夫では無いものです。)を組みます。そこに、単管パイプを一本一本ひもで縛り付け固定します。組み立ての最後に、いっぺんに金具にパイプが入れないとうまく入らない訳だから苦戦するのは予測の範囲内でした。自分が居る反対側の部材まで何本かのロープをかけ、それを少しずつ引き寄せて、全個所が穴に納まるのではないかと考えました。でも、私は脚立の上で作業しているのですから、思ったより時間がかかりました。組み立ては朝から始めて、夕方で何とか・・・。終わった時、思わず、一人でガッツポーズです。誰かに、分かってもらいたい部分ですが、その辺の苦労も楽しい思い出になりそうです。自分で作る楽しみを知ってしまった私は、他にする事が無いかと探し始めています。

部材・木材の部分は、ネットで、ウッドデッキ用木材専門店の木工ランドから。一枚単位で、買えます。本来でしたら、㈱ツボイさん何でしょうけど、枚数も小量なものですので、少し高いとは感じましたがそちらから購入しました。 http://www.mland.gr.jp/order_select.php

単管パイプは、今回は、ジョイフル山新。カインズホームには無い、圧肉の(2.4ミリ)パイプが有りましたので、無料の軽トラックをお借りして求めました。

バルコニーのデザインでは、自分の家ですので、少し遊んでみました。正面の網入りガラスの部分を同じ板(イベ材)で仕上げると、1万5千円は安くできます。アルミ製の既製品には見た目では叶わないですけど、古い家には「ちょうどいいか。」何て、自分では感じています。強度は、計算上10人乗っても大丈夫な作りになっています。

バルコニー・材料代の総額が9万円位でした。残ったお金で、また別なものを、小さなものが作れそうです。

そうだ、昨年作ったウッドデッキの上に、琉球朝顔のエコカーテンを作ろう!・・・出来上がったらブログネタにまたしますね。

明日は、父親の一年祭(一年忌)です。

少し忙しい思いをしましたが、何とかバルコニーが出来上がりましたので、ホッとできそうな感じです。

夢中でバルコニーを作っていましたの、ブログ更新の間が空いてしまいました。この一ヶ月間は、バルコニーの事だけで頭がいっぱいでした。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

1 2_2 4 5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »