« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月19日 (金)

建物の良し悪しは、監督で決まる。

家づくりにおいて、欠陥住宅を作らない為の重要な役割をもつ人間が、三人います。

1人目、あなたの家を設計した設計士です。

2人目、あなたの家の現場を管理してくれる現場監督です。

実際の工事に対して目を配り、チェックするいわば現場の指揮官です。彼の指示の下で職人さんが動きます。良い現場監督ほど、職人さんは言うことを聞きます。ただ、現場監督が建築士であるとか、経験が長いだけでは、監督の良し悪しは判断できない事も多いです。

3人目、工事監理者という役割の人間です。設計図書の通りに、工事されている事を確認し監理する役割を持っています。家を建てるときに必要な建築確認申請書に、その名が記載されます。

工事監理者が、工事の進行に合わせて現場に週一程度の立会いになりますので、気が付いた事などの、品質の確認はできてから仕事の内容を見てからになりますので、もし良くなかった場合は現場監督に手直しの指示をすることになります。でも、始めからきちっとできている現場と比べて仕上がりは大きく違ってきます。

設計がそこそこ良くても、作るのは現場の職人さん。

その総代表が、現場監督さんです。

現場の良し悪しは、現場監督さん次第で決まります。

工期が短かく、予算の苦しい現場でも、「出来る現場監督は、期待に応えてくれます。」

現場監督は、人の命や生活を支えていく家を管理するのですから、それなりの勉強をしなければならない大きな責任と義務があるのです。工事の良し悪しは会社の技術力、施工管理のレベルが高いのはもちろんですが、現状では現場監督の技量による所が大きいです。

工事が始まってからの建設会社との窓口は、現場監督に一本化される為、監督の実績が重要になります。

建設会社において、現場監督は重要なポストに有ると思います。手がけた建物で、会社の評判を落とす物を作ったり、請け負った工事額の中で赤字を出しては、会社が立ち行かなくなる。会社の将来は現場監督に掛かっていると言っても過言ではない。

ですので、監督は、お給料の面でも高い地位になっていなかったら可笑しいですね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

家造りで、現場に来ている職人さん達が、誰もが感じている、現場監督の重要性。

現場監督のレベルアップは家の「良し悪し」に大きく影響します。住宅の瑕疵は80パーセント以上が現場監督の責任で防げると言う統計があります。

そのことに気づき、優秀な現場監督を育成しようとしている建設会社が郡山市内にも存在します。

現場監督の役割と実態が、一般的にはまだまだ知られていないかもしれない。完成後の、アフター工事を続けていくのも、現場監督の仕事ですので、引渡し後もお付き合いをしなければならない人間です。けっして、社長とか、専務ではない事を知ってほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

たんぽぽ歯科医院、完成です。

来月に開院します。

こちらの歯科医院の計画は、昨年の夏から。お施主様からのご依頼で、私は設計・工事監理業務をさせていただきました。

国道288号線に接続している1,000㎡の敷地ですが、北側部分にある市道の境界確定・みなし後退部分の測量などで時間がかかり、建築確認が認められたのが12月に入ってからです。

幸いなことに、12月は、天候にも恵まれて、建て方・屋根工事までを年内に終わる事ができました。今年に入ってからも、1・2月は一年を通して一番寒い期間ですが、比較的スムーズに工事が進み、10日前には消防と建築検査機構の検査員による現場確認を済ませ。そして、先週は医療機械器具の取り付けが行なわれました。

駐車場の舗装工事で、後もう少しと言うところで雪に降られて三日延びてしまいましたが、昨日は、先生立会いの上で引渡しの運びとなりました。

工事を担当した㈱増子建築工業さんには工期が短かったことで、緊張の毎日だったと思います。工期は、できるんでしたら、後30日有れば、冬季間でしたので、余裕を持てて仕事にかかれたのでは無いかと思います。

そんな、忙しい工期の中でも、きちっと仕上げてくれた職人さん達に感謝いたします。ご苦労様でした。

P2160001b_2

たんぽぽ歯科医院  院長 佐 藤  直 樹 先生

   (診療科目) 歯科・小児歯科

   (診療時間) 月・火・水・木(午前)・金・土曜日 午前10:00~13:00

                               午後15:00~20:00   

   (休診日) 木曜日の午後・日曜日・祝祭日

    TEL 024-973-7566

            http://tanpoposhika.net/

来月6(土)・7(日) に内覧会を行ないます。

当日は、私も参加します。ご来場お待ちしています。

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%B8%82%E5%AF%8C%E4%B9%85%E5%B1%B1%E7%94%BA%E7%A6%8F%E5%8E%9F%E5%AD%97%E6%9D%B1%E5%86%85%E6%89%935-1&ie=UTF8&hq=&hnear=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%B8%82%E5%AF%8C%E4%B9%85%E5%B1%B1%E7%94%BA%E7%A6%8F%E5%8E%9F%E6%9D%B1%E5%86%85%E6%89%93%EF%BC%95%E2%88%92%EF%BC%91&gl=jp&ei=Fi5qS9vfHovq7AOD1-THBg&ved=0CAkQ8gEwAA&z=16&brcurrent=3,0x60206c5ab40a343b:0x935287848a5a5abe,1

たんぽぽ歯科さんは、上記リンクを貼り付けた地図の、㈱増子建築工業さんのお向かいになります。

そうでした・・・、二週間前にアルミ製2連ハシゴ、手に入れましたよ。

ホームセンターで、通常の価格の5千円引きチラシが入りましたので、買ってしまいました。

で、早速。昨年から気になっていた外壁の一部の下見板(10㎡弱のヒノキ板)の塗装はがしをしました。19年前、5年間ハゲないと言う、着色透明塗料(塗膜性)ミヤキのランバーガードを足場が悪い所で、自分で塗りました。4リッターで2万円以上した塗料でしたが、今まで一度も塗り替える事もなく、木目を生かしたきれいな状態で来られたんですが、さすがに去年当たりから一部塗料が浮き上がってきたので、ひどい所のペーパー掛けをしました。

ハシゴでの作業は、高いところで6m近く有ったので、上は(やっぱり横ブレが大きかった)グラグラして不安定でした。ハシゴにロープを掛けて外れないようにして登りましたが、絶えず転落のことは頭から離れないので、思うようには作業が進まず、半日の作業でしたが疲れました。

今回は、西側にある下見板のメンテナンスを行ないましたが、その他の外壁のラムダサイディングは最初から塗装をしていないので当分はメンテの必要がありませんので、これで建物の外周部は心配ありません。

ラムダサイディングを、19年前選んで良かった。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

住宅版エコポイント制度

先日、㈱ツボイさんで行われた、エコポイント制度の勉強会に参加させて頂きました。

http://kabu-tsuboi.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-9bd2.html

私は、設計屋です。

工事請負をしていません私が、工務店さんを対象としている勉強会に、私は甘えさせてもらって、参加しております。

快く、参加を認めて下さった、ツボイさんには何時も感謝しております。

「住宅版エコポイント制度」って何?

家電エコポイント制度と同様に、住宅版エコポイントは、省エネ性能に優れた住宅の新築・増築・エコリフォーム、あるいはバリアフリー改修を行ったりした場合に、最大30万ポイントが得られる仕組みです。

・.

当日の勉強会の先生は、三協立山アルミさんの営業の方です。

今、頂いた、資料を見直しております。んー、分かったような?分かってないかも知れない…。

実際、具体的な事例にぶつかって、申請までの流れをしてみないと理解ができているか、疑問です。

講師の方が言っていました。三協立山アルミのWebページを見てくださいと。 http://www.sankyotateyama-al.co.jp/ecopoint/reform.html#01

皆さんも、そちらをご覧下さい。私も、くり返し見てみます。

勉強会で、こんな事言っている方がいました。

「一年間だけなんだもんなー。おぼえても、今年だけなんだもん。」と、です。

国は、景気刺激策の一環にいろいろしてくれますが、今回の「住宅版エコポイント制度」も建設業界の景気回復の後押しになるのでしょうか。

一昨日、私の家に、ポスティングされたチラシが有りました。

「FAXでエコポイント診断」、自分で窓の寸法を測り、A4サイズの診断用紙に記入して、建設会社にメールかFAXで送り、見積りをしてもらうものでした。富田町のしまむらの近くにある、ライ〇〇ラス㈱と言う、トステム製品を使って工事をされる建設会社でしたが、いろんな商売の仕方がありますね。

建築資材、特にサッシメーカーなどは、住宅版エコポイント制度をうまく利用して、「皆さんは、この不景気な時に、エコポイント制度を追い風にしてください。」と言いますが。

今年、窓周りのリフォームを前から考えていた方にはちょうど良い機会、安い工事費用になれば助かります。でも、このポスティングされたチラシを見て、今年急いで窓の取替えをしようと考えるのは、いかがなものかと私は思いますね。

そんな工事が、本当に“エコ”なのか?

国の施策は、何時も行き当たりばったり!

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »