« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月15日 (金)

薪ストーブか、ペレットストーブか?

先月から始まった、歯科医院の工事の進行に合わせた定例(週一)打ち合わせが、現場向かいの増子建築工業さんの会議室で行なわれています。その会議室には、ペレットストーブが設置されていて、外の寒さをよそに、何時も快適な環境で打ち合わせができます。金子農機製の「ペレチカ」です。「ペレットストーブ、良いですね。」

ペレチカは、薪ストーブのように炎を楽しめます。電気が必要なFF方式ですので、スイッチ押すだけで点火、対震自動消火機能などの安全対策も付いています。ちょっと大き目のボディーなのと、送風ファン・ペレットが燃焼室に転がり落ちる時の音が、少し気になりましたが良い感じです。

増子建築工業さんには、他に1階事務所に薪ストーブとペレチカが設置されています。ペレットも自家製、自分のところに大きな木材加工工場がありますから、当然のことですね。

福島県では、木質ペレットを、より多くの方に利用していただくため、ペレットストーブを購入・設置される方に補助金を交付しています。周りの行政機関・県の施設・役場でも、ペレットストーブを燃しているケースを見かけることが増えてきました。その中で「ペレチカ」は多い方だと思います。

毎年この時期になると、寒いからですけど、ストーブについて、私は勉強を始めます。

薪ストーブか、ペレットストーブか?

まずは、Webページから

私の家は、築20年前の外断熱工法だったんですけど、工務店の選択を間違えて施工に失敗しましたので、隙間風が入る家になっていまして、風の強い日は特に寒いです。

暖房について、今、一番興味を持って調べているのは…、ペレット・薪兼用ストーブの「クラフトマン」です。Webページからの情報がほとんどです。

電気を使わない、マニュアル仕様のストーブなので、私が購入してからの使い始めでは、燃やし方のコツをつかむのにも時間がかかると思います。クラフトマンは、FF式のファンヒータータイプのペレットストーブではなく、薪ストーブの燃料である薪をペレットに変えただけのストーブです。設置する場合、ストーブ本体以上に煙突工事や防火壁に変える工事の費用も必要になります。

クラフトマンは、シンプルな構造です。4.5mm厚の鋼板で箱型にしたところに、南部鉄器の扉を付けた物。又、構造が簡単なので故障が出る個所の心配が少ないようです。ぜひ、現物を確認したいですよねと考えて、Webページから・・・

取扱店リストの中にある、有限会社〇林〇〇土木さんに、電話をかけて見ました。

「うちの事務所で、今も燃していますよ。」

現物が、有るそうです。市内熱海町に。〇林〇〇土木さんでは、薪をくべる事が多そうです。ペレット・薪兼用ストーブの「クラフトマン」ですが、ペレットを使っての上でのお話しが電話では聞けなかった。「一度お邪魔させてください。」と話しをしたら、快く承諾を頂いたのですが、お互いの都合が合わなかったので、まだ実現していません。

このストーブの、薪をくべた時の燃焼についての想像がつきますが、ペレットがね…。

情報を知りたいところですが、Webページでもなかなか出てきません。

自分の家で使うなら、今までは、性能の高い薪ストーブでも良いかと考えていましたが、煙突から出る煙が…。薪の乾燥状態によっては、時には煙りのにおいを気にしながらくべる日が有ると思います…

薪ストーブのコンベクションヒーターは排気も大分良さそう何ですが、使い方に繊細な神経を使ってもストーブトップ部分のパーツを痛めると交換しないと行けなさそうなので、歴史がある外国製でも考えてしまいます。

で、ペレットでないと駄目なお天気の日が有ると思います。

そこで、薪(6割):ペレット(4割)での使い方になりそうなので、兼用ストーブになりますね。

「クラフトマン」。今すぐにでも設置したいのですが、先立つものが・・・「クラフトマン」でも駄目なお天気の日は、石油ファンヒーターをつけます。

ストーブ本体+煙突工事+設置する部屋の内装を一部変える工事等などで7~80万円が必要になりますので、もう少し後3~5年先に、なると思います。情けない話しです。

来年は、物置を増築して、薪小屋を自分で作ろうと考えています。

次の年は、ストーブを設置する部屋の内装の変更もできるところは自分でします。そうすると、費用の面で安くできるので、少しはやくなるかも!!

おっと、その前に今年は、昨年作ったウッドデッキと同じ要領で、足場用・単管パイプを使ったバルコニーを作らねば。

まだまだ、私がすること、楽しみが残っていました。前回の、「求む、ハシゴ」も、そんな所からでした。

コツコツと、楽しみながら、「家守り(いえもり)」を、設計屋がして行きます。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

求む!ハシゴ

中古の、アルミ製二連ハシゴが欲しいです。

ホームセンターでは2万円もしないで売っていますが、できれば職人さんが使ったものを、今は使わないで遊んでいる物を探しています。

職人さんが使っているハシゴは、ホームセンターで売っているのとは、どうも強度の点で違うそうなんです。プロが使う新品は、当然お値段が高いです。

高いところで作業をしますので、横ぶれが大きいと危険です。プロ用のハシゴで、安全対策を万全にしてやらないと、・・・

どうして、設計屋が、二連ハシゴが欲しいのかと言うと、自分の家のメンテナンスに使いたいと思っています。

私の家は、築20年です。そろそろ、建物外周部で、手を入れたい個所が出てきましたので、ハシゴが無いと何にもできませんので、欲しいです。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

ブログ5年目になります。

今年もよろしくお願いします。

先日紹介しました、引越し先のミニタワーモデル・マシンは、快適に使っていますよ。もちろん、マルチモニターシステムで。

新しく買ったモニタも、まぁ~この辺で、と言ったところの設定もできたので良しですかね。

お休み期間中、いろいろ試してみました。「マルチモニターシステム」は、良いですね!想像以上に、使えます!

また、他のパソコンでも。

父親が残してくれたPC。半年前から、HP社製のプリンターでA2サイズ図面の印刷をする時だけに使っているダイナブック(Dynabook)でもマルチモニターができるのかやってみましたら…

やり方は、ノートパソコンには、外部モニタ接続用のコネクタが有ります。そこにモニタを接続します

モニタ接続後、パソコンを立ち上げ「画面のプロパティ」で接続したモニタを有効にします。「画面のプロパティ」は、「コントロールパネル」→「画面」の手順で表示されます。デスクトップ上で右クリックをし「プロパティ」を選択しても同様に表示されます。画面のプロパティ」が表示されたら「設定」タブをクリックします……その先も、表示画面を見ながら色々やっていたら、マルチモニターシステムになりました。

WindowsXPのノートPCを使っている方は、簡単に環境を構築できようです。

マルチモニターって、「なーんだ。」簡単に体験できたんだ。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »