« APS工法の建て方見学会に出席 | トップページ | 今日は、お休みにした。 »

2009年10月28日 (水)

プリンターの目詰まりに苦戦

インクが出なくなると、自然と使わなくなりそのままになってしまうインクジェットプリンター。インクジェットプリンターを使っていて困るのが、インクの目詰まりです。

印刷するたびに目詰まりするようでしたら、ノズルが付いている印刷ヘッドそのものを交換した方が良いそうです。交換費用は、セイコーエプソン製品はメーカーに交換を頼むしかないので、1.1万円程度かかります。特に、エプソン製は目詰まりが多いらしい、目詰まりが原因で買い換えるケースも多く・・・で、エプソン製が良く売れるのか?

家には、エプソン製品のプリンターがPM-3300Cと、PM-3700Cその二つがあります。PM-3300Cは、8年前から。PM-3700Cは、2年前から使っていますが、インクタンクは共通です。PM-3300Cは、もう大分使っていましたのでそろそろかなーと考え、同じ物(PM-3700C)を揃えたのですが、それが失敗だったようです。

目詰まりは、後から買った方に出てきました。使用頻度は、先に買った方をこわれてもらおうと、後から買ったのはタマーにしか使わなかった事に原因があったみたいです。

ヘッドクリーニングをしてみる事にしました。もちろん、初めての経験です。

添付した写真は、同じプリンターが二つ、プリンターヘッドをバラシタにしたところ、そしてヘッドを水に付けている様子。

エプソンは、原則的には、ヘッドの取り外しは出来ないことになっているようなので、ヘッド部分の下にビニールで器を作り、水を溜めて作業をしました。

水にヘッドをつけると、毛細管現象なのかカートリッジ側の口にインクが上がってきます。すかさずそこにチューブを当て、もう一方のチューブを口にくわえてチュウチュウ。インク噴出し口側から水を出し入れして内部で固まっているインクを溶かす作戦です。

何度か水を取り替えて、インクで水が汚れなくなった事を確認できたら、後は水分を綿棒で吸い取った後、天日干し、よーく乾かしました。

洗浄に二日、乾燥に三日かけて、内部に水分も無く、からっぽになったんじゃ無いかなーと、思えるまで時間をかけました。

ヘッドクリーニングを始めてから、6日後にインクタンクを装着して、さぁーテスト印刷です。

「え、出ないの。」インクが、全く出ません。

Webページに、水につけてするクリーニングの仕方がのっていたので試してみました。ヘッド部分にある電気配線を、水に付けたのが良くなかったの・・・?

最初、印刷ヘッドのふき取りだけで、きれいになれば大丈夫かと軽い気持ちで始めたヘッドクリーニング。でも、内部に固まったインクだけじゃなく、洗浄で入った水分もきれいに抜かないと、インクタンクを装着してもインクが全体にいきわたらないと印刷ができないのかなーと思いよーく乾かしましたが、分かりません。

家にある、インクジェットプリンターは、他に。

A2サイズの図面の印刷に使っているDesignjet430は、日本ヒューレット・パッカードの製品でが、ヘッド一体型インクなのでインクを交換することで毎回ヘッドも新しくなります。

セイコーエプソン製品も、目詰まりを減らす使い方もありますが、定期的に印刷することが最も効果的だそうです。週に1回印刷してれば安心。それが無理なら1カ月に1回はプリンターの電源を入れましょう。起動時にプリンターが勝手に簡単なクリーニングを行いますので、目詰まりが減ります。ですが、インクは印刷をしなくても減ります。

私が、馬鹿だったのは、同じ機能のインクジェットプリンターを、2個求め、同時に使っていた事が間違いでした。

壊れたら、その時、量販店に駆け込めば、何時でも同じものが売っている訳ですから、2個持つ必要が無かったと言う事ですね。

「目詰まり」このまま、あきらめる? メーカーに、修理依頼をするか? 苦戦は、まだ続きそうです。とほほ・・・

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

2_41_23_2  

|

« APS工法の建て方見学会に出席 | トップページ | 今日は、お休みにした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/46605781

この記事へのトラックバック一覧です: プリンターの目詰まりに苦戦:

« APS工法の建て方見学会に出席 | トップページ | 今日は、お休みにした。 »