« エルキューブ八山田 | トップページ | 自由設計での間違い »

2009年9月24日 (木)

「自由設計」か「企画型か?」

注文住宅といいますが、「自由設計」か「企画型か?」住まいづくりを行う上で、どちらがよいのでしょうか。

企画型住宅のイメージが、あんまり良く思われていないと思います。

企画型住宅は、大手ハウスメーカーの代名詞のようなもので、最も得意な分野といえます。大手メーカーが、ニュータウンなど割りと土地を大きく確保できる開発で、郊外タイプの住まいづくりを多く手がけてきて棟数を増やしてきました。

企画型住宅は、住まいづくりの問題点の解決策として生み出されたものなのです。自由設計と比較してコストパフォーマンスが高いのが一番の特徴。さらに、デザインや間取り、内部設備などがある程度決まっていますから、お施主さまが検討する時間や、形にする側の労力が省かれるという事にもなります。また、耐震性・断熱性といった基本性能はもとより、住宅性能表示制度においても、「耐震」「維持管理への配慮」「劣化の軽減」などで上位等級を得られる物も多く、長期にわたる継続保証システムを導入している大手ハウスメーカーもあります。

でも、建築家の中には、ハウスメーカーの住まいづくりについて、否定的な見方をする人も多いです。皆さんも、企画型は決まったかたちを押しつけられるからとか、こだわりを反映できないから、という「不安があるじゃないでか?」。支持されなくなったのは、企画型は売りやすさといったハウスメーカー側の都合を優先してしまった結果だとも考える人も多いようです。

このような世の中の動きもあって、ハウスメーカー側も近年は「脱企画型」のような動きをみせてきているのも事実です。

「企画型」にも、たくさんのメリットがあります。だからと言って、ローコスト系メーカーの注文住宅は論外。売りやすいように展示場を作り、タレントを使って印象を良くし契約を結ばせる手法は、コストパフォーマンスに優れた買い方であるとは言えないからです。

「自由設計」での住まいづくりの魅力としてイメージされるのは、建築主の意思に沿うよう変更できる。住まいづくりが、自分のこだわりを反映できるから、ということがあると思います。だから、できるなら自由設計で家を建てたい。

間取りを考えるのはそれぞれの住まい手ですが、そうは言ってもいきなり間取りをつくるのは難しいものです。ゼロから発想して住まいをつくるということが思った以上に大変なこと、「自由に、設計。」というのは思いのほか不自由なことかも知れません。住まい手の自由な発想を、私達建築に関わるものが、工務・設計者側がサポートできて間取りが決まり、工事に入る事になります。

くり返しなりますが、自由設計で住まいづくりを行うのは、とても大変なことなのです。建物のデザインにはじまり、間取りや内外装部材、設備など膨大なものの中から一つひとつ吟味、検討し選択しなくてはなりません。

本当は、そうした検討の過程を楽しむだけの余裕があればいいのでしょうが、実際はどうでしょうか…

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« エルキューブ八山田 | トップページ | 自由設計での間違い »

コメント

注文住宅は確かに良いんですがデザイン、維持費
ランニングコスト、快適性に優れた家を造らなければならないと
思います。また気候風土を考慮した考えも忘れないようにしたいですね。大木さん頑張って下さい

投稿: ショウチャン | 2009年9月26日 (土) 08時39分

ショウチャンさん、ありがとうございます。

お施主様が、自由にできるのが自由設計!
と言っても、住まい作りが始めて方がほとんどです。
工務店側のアドバイスが無かったら、まとまりの無い出来上がりになってしまうケースが出てくると思います。
ショウチャンさんがおっしゃるとおり、その土地にあった間取り・風をうまく取り入れて夏涼しくすごせる住まいは、企画の間取りでは無理です。
注文住宅は手間が、お施主様、作り手側にもお互いにかかります。お互いにその時間を楽しめて、完成後にも継続的にお付き合いができる形で住まいづくりに関わって行きたいですね。

投稿: 大木 実 | 2009年9月26日 (土) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/46299089

この記事へのトラックバック一覧です: 「自由設計」か「企画型か?」:

» 住宅の間取とプラン [住宅の間取とプラン]
住宅の間取とプラン、誰も語らない事実。 新鮮でリアルさ満載です。 [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 15時18分

« エルキューブ八山田 | トップページ | 自由設計での間違い »