« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月29日 (土)

今回は、耐震補強工事についてです。

平成12年以降の建物は、耐力壁の量やバランスがしっかりしていて不安はありません。

平成7年の阪神・淡路大震災での建物の倒壊損傷の実態を調査検証した結果、耐震性能がよりいっそう強化されました。「強い壁にはその力に応じた強い引き抜き金物を使用する規定」「バランスよく耐力壁を配置するための数量化の規定」「地盤の強さに応じた基礎形状の規定」が新たに設けられました。

では、もっと古い建物はどうでしょうか?

平成12年以前から、昭和56年以降の建物の耐震基準は「新耐震基準」とよばれています。それ以前の建物に比べ耐震性は格段に上がっていますが、建物の間取りや形状、壁の配置バランスのよくない建物は耐震性が不十分であることも判明しました。ここで問題にしたいのは、耐力壁がそこそこ入っていても片寄った配置になっているケースは危ないのです。耐力壁の量は計算により数の規定がありましたが、間取りにより壁の配置が決められ、また南側外壁面は太陽を多く取り入れようとして大きく開口部を設けました。そう言った建物は、家全体の中で、南側の壁が少ない所から、地震の祭、倒壊が始まります。

2階南側にベランダがある瓦葺の、平成12年以前の建物は、耐震診断を行い、問題があれば早急に改修補強工事が必要だと思います。

Photo

Photo_3

バランスが悪い住宅のイメージ図です。

北側が強固でも、南側が弱い。

重心:住宅の加重の中心

剛心:耐力壁の強さの中心

重心と剛心が離れているほど揺れに対してバランスが悪

株式会社サンクレテックさんのWebへージから、イラストの利用です。

住まいの耐震補強は、今考えられる技術的に優先順位が高く、費用が安い耐震補強から進めましょう。

*完璧な耐震補強を求める事が現実的には不可能ですので、補強方法に優先順位をつける必要があります。補強の優先順位として高いのは、いかに建物の1階部分を潰さないようにすると言う事です。阪神淡路大震災の事例を見ても、2階だけが壊れていたり、屋根だけが落ちていたと言うような現象は全く見られませんでした。1階部分さえ潰れなければ、家の倒壊はかなりの確立で免れる事ができます。耐震補強のニーズは「命だけ守れればいい」という方から「建物の資産価値そのものまでも残したい」という方までさまざまです。

耐震補強は家の足元から進めていくのが基本です。

耐震診断・補強工事をする時に大切なのは正確な診断、効果の高い工事を行うことのできる知識・経験のある業者に依頼する事です。

*耐震診断・補強は阪神震災以降にできた新しい技術。この道50年のベテラン大工さんでも、補強の経験はゼロの人がほとんどです。

*地震は頻繁に起こるので定期的に家の状態をチェックしてもらうことが大切です。長い付き合いのできる業者を、ご近所の地域工務店の中から選びましょう。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

あのCM、18年も前の事だったんだ。

偶然つけたテレビに、いきなり彼女の顔が、なつかしいCMが!

18年前に放送されたKDD「国際電話サービス001」のCMに登場した美人が、また出ています。

添付した写真は18年前のもの、当時23歳だったそうです。

なんて美しい人がいるのだろうと、思い。

今でも時々、あの時、あのテレビコマーシャルに出てきた韓国人は、今どうしているのだろうか?

…何て、考えていた人が、突然テレビに出てきました。「ゼロゼロワンダフル、世界の美女シリーズ、彼女たちの今、韓国編。」からです。

時は流れても、18年の歳月にも、キムさんの美しさは変わりません。名前を今回始めて知りました、キム・ヒジョンさん。韓国でモデルをされているようです。納得です。

今日は、新聞の一面全体を使って、写真で現在の彼女の様子が出ています。・・・・・

キム・ヒジョンさん、またちょくちょく夢に出てきそうです。

Photo_5

お盆の少し前から、水っ鼻が止まりません。私は、花粉症か?なんか?なのでしょうか?春先も、ここ数年鼻がおかしくなって来ました。加齢のせい、なのでしょうかね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

住宅の価値をお施主さまが作る

前回、住宅の付加価値は、工事がスムーズに行われた場合に、施主と工務店(ビルダー側)の間で作られる。と言うお話しをしました。完成後のメンテナンスが、継続的に工務店と一緒にできて住まいの価値が上がります。

皆さんは、家守り(いえもり)って言葉をご存知ですか。

家守り(いえもり)=工務店が、家を建てた後も修繕やメンテナンス・リフォームなどを通じて家のハード部分をフォローしていく存在という意味です。地域工務店の大きな特徴の1つでもあります。

私のお取引工務店さんは皆さん普通に家守り(いえもり)を行なっています。当たり前の事と考えて、日々仕事をされています。

建物は作って終わりじゃない。メンテナンスの始まりなんですね。生活が始まれば、少しずつこわれ始めます…

家ができたらハイサヨウナラ。ではなく、一緒に建物を守り育てて行く住宅業者が必要です。

住まいの構造・機能が時代と共に大きく変わっても、メンテナンスが必ず出てきます。

またいつものWebページを使って「家守り」で検索をしました。

住宅会社の中には、ホームページ・パンフレットなどに「家守り」と書き込んで好印象を得ようとされているケースもあると思います。むしろ、ホームページ・パンフレットを持たない地域工務店が当たり前に家守りをしているケースが多いと思います。

住まいを作る時、住宅会社を決める時は、皆さんのお近くの建設会社社長・棟梁とよく話をして見るとか、住まい作り以外の考え方や、人柄を知る事もされたほうが、判断を間違わないと思います。地道に仕事を続けてこられた、決めるなら地域工務店で間違いはありません。

大きな住宅会社に住まいを作ってもらった方は、頼んだ住宅会社の社長がどんな人?かとか、何処に住んでいるの?か、気になりませんか。

車では、トヨタの社長がどんな人か気にする人はいませんね。それは、性能・耐久性などが、誰が考えてもそこそこの品質に到達しているからです。

でも、住宅は違います。使用期間が長いし、価格も高い、一生(命)をかけての買い物だけに期待も大きい。なのに、しっかり造らないと出来上がりに大きな差ができます。もしかすると最悪、住まいが負の資産って事になりかねない。やっぱり、社長に会っておいた方が安心ですね。

また、お住まいになってからの住宅の価値を上げるのも、建築主さま自身です。

工事がスムーズに行われた場合は、メンテナンスの問題も不安は無かったでしたね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年8月 7日 (金)

血の気の多い私は、献血運動に参加。

午前中に、陰山建設さんで行われている、愛の献血運動に参加しました。11時に受付を済ませた時点で436番でした。

血液センターでは、献血した人に対して、7項目の生化学検査成績を献血者全員に知らせています。また、成分献血・400mL献血者に8項目の血球計数検査も行っています。

私は献血の目的に、400mLの血液をあげられるのと一緒に、定期的に健康診断が無料で受けられる事があります。血液から知ることができる情報は、今までのも取って置いています。

3年前の様子は下記アドレスから

http://sekkeiya.cocolog-nifty.com/sumai/2006/08/post_9ffe.html

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年8月 4日 (火)

住宅の価値

外観デザインにこだわった、住宅があります。このような住宅は建築家の○○氏の作品で、アートであって、決して商品ではありません。住宅の耐久性を無視してまで、デザインに走り、若い建築主様からの受け狙いの商品を作る。昔からあった手法ですが、最近ではデザイナーズハウスなどとも言われています。

私達が物を買うときに、その目的を満たす、先ずは機能を一番に考えた商品を選ぶのではないかと思います。住まいの場合では、夏涼しく・冬暖かく快適に暮らせて、耐久性・地震に強くって50年平気で使える。化学物質を使わない、体に優しい、環境にも配慮した、住まいの機能が満たされて始めて商品としての価値を持つのでは無いかと思います。

家造りで大切なことは、住まいの持つ「機能性」と、住まい作りでの過程で新たに付け加えられる価値、家作りを一緒にした職人さんたちと持てた人とのつながり、「付加価値」だと私は考えます。

住宅の付加価値は、工事がスムーズに行われた場合に、施主と工務店(ビルダー側)の間で生まれます。

付加価値が無くっても、住まいを機能的に作っておけば、何ら問題はおきないかもしれません。

完成後、5年先は何にもおきないと思います。

でも、徐々にですが建具の不具合、10年後?…設備面で機器などが消耗により調子が悪くなってくる等…。

その後は、全てのものに寿命がありますので、時間を置いて必ず問題が発生します。

家全体の主要な構造的な部分は50年先も不安はありません。でも、暮らし続ける上での住まいのメンテナンスを考えないと長く使うのは難しいかも知れません。

建築職人たちとできた、人とのつながり「付加価値」が、皆さんが取得した住宅の価値に大きく左右されると思います。

作る側に関わらせて頂いている私は、機能性・コストバランスなどを考えないで作品性にだけ走るような事が無いように、いつも肝に銘じてこれからも設計に当たります。

それと、現場で仕事の上で職人さんと持てた信頼関係を大切にしたいと、考えます。

企業(ハウスメーカー)は、将来もっと淘汰され少なくなります。でも、個人の職人さんたちはどっかで建設現場で仕事に関わっていると思います。

将来を考えれば、技術を身につけた職人の育成もしないといけないです。現在、職人さんの高齢化が目立ちます。

営利企業が建設業を辞めてしまった後、だれが皆さんのお宅のメンテナンスを引き受けますか・・・

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »