« 草なぎ剛くん、少しかわいそうな気もします。 | トップページ | どうなっちゃったの、50年ローン? »

2009年5月 8日 (金)

私の家の、宗教は神葬祭です。

【神葬祭とは】

神道(しんとう)の形式によって行われる葬儀を神葬祭(しんそうさい)といいます。神葬祭では、人が死去(帰幽といいます)しますと神社の神職が神道の形式にて執り行います。神道で行われる葬儀は仏式と異なります。神葬祭では仏式のように焼香や線香を用いることはなく、これに当たるものが玉串奉奠(たまぐしほうてん)です。玉串とは榊の枝に紙垂(しで)を付けたものをいいます。玉串を捧げたあとは二拝二拍手一拝(にはい にはくしゅ いっぱい)の作法でお参りしますが、神葬祭や五十日祭までの拍手は、音を立てないようにそっと手を合わせる忍び手にします。

私の家、父親が作った家族です。本家は、もちろん神葬祭。今までも、大木家の葬儀は、神社の神職が行ってきましたが、確か10年前に伯父さんが亡くなって以来、私は神葬祭の葬儀に出席する機会が無く、私自身そんなに馴染みが無いと言うか、仏式の葬儀に参列した方が多かったです。「馴染みが無い。」だなんて、自分ちの宗教なのに、とんでもない事、私は考えていますね・・・

私の家では、父親が全ての祭りごとを、家長の父が進めて来ましたので、今まで私は何にもしないで居られた。ほんとに、私は何にも知らない。

神葬祭の葬儀で、喪主(神道では祭主です)である私がすべき事を、さぁー父が亡くなったので、「誰に聞けばいいの。」そんな時、以前から考えていた本家に相談をし・・・今回、どうにか葬儀を終えることができました。

葬儀には、たくさんの方に来て頂きました。この場をお借りして、お礼を申し上げます。

参列された方から、「神主さんが行なう葬儀は始めてです。」「祭壇の前で、笛や太鼓で舞う、お神楽がある。」「ちょっと、おどろきました。」後で、こんなお話しが多かったです。大木さんちは、「何?…、何だろうこの宗教?は…」初めての方には、あぶない、宗教と思わたのかも知れませんね。

父は、自分の葬式に、楽人(笛・太鼓)を呼んでお神楽をして欲しいと、言っていました。で、神社・神主さんに葬儀をお願いする際、一番にその事のお話をしましたら、「人が集まるかどうか、聞いて見ますので。」と言う事で連絡を取って頂き、楽人の方に三人来て頂ける事になりました。

葬儀が終わってからも、あそこはこうして置けば良かった。そういった事が多かったです。初めての経験と言えば、言い訳になりますが、失礼なことが有ったと思います。

ただ、父が望んでいた。自分が生まれた家の、向かいの神社の神職さんに、葬儀を行っていただいて、父はホッとしているのではないかと思います。これからも、私がする事を、高いところから心配そうに見ているのではないかと思います。

亡くなって、35日たつんですね。今日は、ギフト屋さんに来てもらって、今月17日に予定をしている五十日祭のギフトと料理の注文をしました。

【五十日祭とは】

仏式の四十九日。忌明けとされます。

神道でも、50日過ぎれば日常の生活に戻さないといけないです。

五十日祭の夕方になると思いますが、形見分けをしようと考えています。母は、弟と弟嫁と私の家内に、孫たち全員に少しお礼を用意しているようです。私は物置を整理して、父が使っていた釣り道具など、ほとんど全てを弟・甥っ子に渡そうと思います。そして来月位から、私は魚釣りにも行こうと考えています。

じいさんが身につけていた腕時計を、私は使うことにしています。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 草なぎ剛くん、少しかわいそうな気もします。 | トップページ | どうなっちゃったの、50年ローン? »

コメント

エッ!新葬祭という名前の宗教?

投稿: 重箱墨 | 2009年5月12日 (火) 00時13分

重箱墨さん、こんにちは。

神葬祭とは、神道の葬儀のかたちでしたね。
私の家の宗教は、神道ってことになりますかね・・・

投稿: 大木 | 2009年5月12日 (火) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/44945820

この記事へのトラックバック一覧です: 私の家の、宗教は神葬祭です。:

« 草なぎ剛くん、少しかわいそうな気もします。 | トップページ | どうなっちゃったの、50年ローン? »