« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月26日 (火)

コンビニを木造で作る

株式会社ファミリーマートは、建築資材製造時や建設(工事期間)時のCO2排出量の削減とともに、開店後の電力使用量の削減も可能にした環境配慮型の新工法である「木造FP工法」(松本建工(株)の注文住宅向けFP工法を店舗用に改良したものの、採用を決定いたしました。

住宅専門紙「新建ハウジング」からの引用です。 と言う内容の、記事を見つけました。

私が今まで、設計で関わったコンビニは鉄骨造ですが、木造を採用することで、従来の鉄骨造の店舗と比較しておよそ15%~20%の建築コスト削減も可能になります。

ファミリーマートでは、これまで2店舗で試験的に取組み、環境負荷、耐久性、コスト面等において検証した結果、本年9月以降の開店店舗より本格的に導入することにしたそうです。

木造は、加工段階での手間やエネルギーが大幅に省けるため、従来の鉄骨造と比較して、製造時に発生するCO2排出量を約60%削減することができます。

さらに、木造と新しい工法を組み合わせることで、壁は高断熱・高気密のパネル、天井には遮断パネル、サッシは樹脂とアルミの複合ペアガラスを使用することで、開店後の年間電気使用量およびCO2排出量についても従来店舗と比較して約15%の削減になると考えられています。

木造の場合、地盤が弱い地域においても比較的簡易に建築が可能になります。

基礎工事が鉄骨造と比較しておよそ2分の1の期間、建方・仕上げを合わせても、従来の10日間の工期を短縮することができます。

「木造」は、これからの時代でも、魅力的な工法です!

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

自分の体のデータ

定期健診による自分自身のデータを持っておくことは、病気になった際にも役立つそうです。

今月の始めに、献血運動に参加しました。

http://sekkeiya.cocolog-nifty.com/sumai/2008/08/post_e984.html

その時の、血液からの検査データが届きました。

血液センターでは、献血した人に対して、7項目の生化学検査成績と、8項目の血球計数検査を行っています。私は、過去5回の検査成績を取って置いています。

そして、来月は国保の健康診断を予定しました。

定期健康診断による病気の早期発見。

健康診断で病気が分かることで、早期治療が可能になり。

そんな、早期発見・早期治療を一歩前進しようと進めているが「予防医学」。

「予防医学」。病気を未然に防いでいつまでも元気でいよう!という考え方ですね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

犬に税金

皆さんの暮らす市町村でも、飼い犬のふん害防止のため、犬を散歩させる時には、ふんを拾う用具を携帯し適正な処分を行うよう啓発に努めてきるのでしょうけど、一部の心ない愛犬家は、用具を持ち、ふんを拾うそぶりをするだけでそのまま放置したりしている光景をよく見ます。

私の敷地にも、よくふんをされます。角にある電柱は、おしっこで色が変わっています。

マナー良く散歩をさせている愛犬家も多いと思いますが、現実、私の近隣も飼い犬のふん害が多く、困っております。

運動不足の私は、最近、朝・夕散歩をします。片道10分くらいのところにある総合病院までの道路わきに、よくふんが放置されています。それも、歩道の真ん中にあったりもします。危なく、私も踏んづけそうになったので、腹が立ちました。その道は、近くの中学校の通学路にもなっています。

大人のマナーが悪くて、一部の心ない方が街を汚くしております。

自分の家で、敷地内でさせれば良いのに、できないのでしょうか?

自分の子供に、正しい道を歩んでほしいと願うのはすべての親だと思いますが、ふんを放置する大人が多い現状では・・・こんなんで良いのでしょうか。

例えば、マナー無い愛犬家に対して、犬に税金をかけるなどの考え方も必要な時代になっているのかも知れませんね。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

Vistaモデル

先月、Windows XP搭載のパソコンをやっと買えた私ですが・・・

今週、娘が勤める事になっている歯科医院の先生からお預かりしているVistaモデル・ノートPCのセットアップを一緒にしました。

「Windows Vista」に触るのは、今回がはじめてです。

私のPCと、お預かりしているノートPC。数字的に、CPUおよびメモリの違いが少し有りますが、まだ使い始めでは性能面での差はよく分かりません。ただ、少し気になったのがOSの違いによる動作環境に必要なハードディスク容量が大分違います。

ハードディスクでCドライブ内でのOSが占める割合、そして大きさ。そんな事から空き容量に二つを比べて大きな違いがでました。

Windows XPを使用するには、2.1 GB 以上のハードディス容量。Windows Vistaは、15GB以上の容量が必要になります。

昨日は・・・、JW・CADを、半年前に買ったノートPCに入れてくれないかと、取引工務店さんに頼まれてインストールです。そちらも、Vistaモデルでした。

そちらの工務店さんは、私が4年前パソコンで図面を作ったことがなかった棟梁に始めてCADを教えました。そんなことで、棟梁が図面を作っている最中、操作がわかんなくなった時、私の携帯がなります。毎回、同じ事説明しているような気がします。最近は、そちらの工務店さんも支払いは振込なんですが、今回は集金に来てくれないか・・・その時CADソフト入れてくれない。と、言う事で、湖南町まで出かけてきました。一緒にプリンター・ドライバも入れてきました。半年もの間、新しく買ったPCネットにもつながっていないし、何に使っていたのでしょうか?

棟梁は他に2台、Windows 98のPC持っているのに。JW・CADで使うのには十分だと思うんですけどね・・

個人的な考えですが、最新のVistaモデルのPCで、JW・CADで図面つくりをするなんて、私は考えていません。PC全体の動きが軽い、使いやすいOSが有るじゃないですか。古いのに、今でも私が日常使っているWindows 98のパソコンです。

私が先月買ったWindows XP搭載のパソコンは、インターネットと建築CGに考えたものです。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

愛の献血運動

愛の献血運動
今日は、陰山建設さんで行われている献血に参加しています。
毎年献血される方が少なくなるこの時期に行われます。献血車8台を駐車場に並べ、献血に集まった方の車は阿武隈川河川敷に入れて行われる郡山ではちょっと知られた恒例真夏のイベントです。
昨年は、約1200人の参加者が有ったみたいです。
会場にはいつも食事と飲み物が用意されてます。今日はお昼に合わせて出かけまして、献血を済ませてからしっかりと頂きました。
献血車8台で採血しても献血される方に少し待っててもらっている状態です。赤十字血液センターの方もフル稼働で作業にあたっています。
血液センターでは、献血した人に対して、7項目の生化学検査成績を献血者全員に知らせています。また、成分献血・400mL献血者に8項目の血球計数検査を行っています。私は今までの過去5回検査成績のお知らせを取って置いています。国保の健康診断でも確認できない血液からの情報が得られるので、ずーと続けてもらいたい血液センターの検査です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »