« Webページがパートナー | トップページ | HP Designjet 430 欲しい »

2008年4月25日 (金)

Webページは大事なパートナー

Webページが、今回も私をたすけてくれました。

前回の書込みに続きます。

現地で建物の調査を時間かけて行いました。何時もの調査とは少し勝手が違います。

倉庫業法でいう、施設設備基準がほとんど頭に入っていませんので何を見ていいのか分かりません。確認済証の図面と見比べて違ってないかの確認をする事で初回は終わりました。

事務所に帰って、はじめに倉庫業法・施設設備基準を理解する事からしないと、仕事が進みません。お客様が集めた資料を何度も読みました。資料は一般の方にも分かりやすく、これからの登録までの流れが丁寧に説明されたものでした。でも、建築士がする事は、大事な施設基準ってどんなのがあるのか?が、まだ分かりません。

前に、歯科医院の許認可でお願いをした行政書士事務所に連絡してみました。うちではした事が有りません。同業者もやっている事務所は無いと思います。第一、郡山で営業倉庫はそんなに多くないでしょう!○日本倉庫さんあたりはどうしているのか? 私達のような個人事務所にはそういった相談は無いですねー。

それじゃー、同業者の設計屋はどうか・・・ 聞いても無かった。でした…

困りました・・・もっと詳しい資料を手に入れるしか方法がありません。お役所に連絡をしてみるしかないのか・・まず目の前にあるPC のWebページの検索からはじめて見ました。

直ぐに、倉庫業登録申請書に関するサイトを見つけることができたのですが、必要な倉庫業法・施設設備基準が詳しく書かれているものがありません。初日はこれで終わり・・・

次の日も、丸1日Webページの検索…

ん、少しずつですが、行政書士事務所さんが書かれているホームページにたどり着きました。もちろん、日本倉庫協会も、国土交通省・運輸局のサイトもありました。

丹念に探せば見つかります。関東運輸局さんが公開しているサイト、『倉庫一般の施設設備基準』が探せた。やっと、「倉庫業登録申請書」の全体像が分かりました。

実際、書類を作ってみる事に・・・

お客様から、「仙台の東北運輸局の担当者に、私は、相談をしています。」電話で何度かされていたようです。そこで、私もかけて見る事にしました。

今までも、建築に関した許認可では役所に事前相談をした事が有ります。事前に連絡をいれ、資料を用意して、おじゃまするのが礼儀だと感じながらも、今回始めての所に思い切って電話で相談。

電話に出てくださった方は、東北運輸局 交通環境部物流課 S氏。私は、許認可ではいろんなお役所の方と関わってきました。おどろきました。今まで経験・感じたことがないS氏の対応です。20分以上お話しが出来たので、私が設備基準の内容を間違って理解している事に気がつきました。私は、のみ込みが悪い設計屋ですね。

…そんな事もあって、…何とか二週間後に、書類全ての準備が整い申請です。

申請後に年度がかわったので何時もより少し時間がかかったのかなーと思いますが、私の業務が無事終わりました。

初めての仕事で緊張しました。

東北運輸局 S氏がいなかったらと考えると、どうなっていたか? 許可後、お世話になったお礼の連絡をしたいと考えましたが、S氏は今月異動されたみたいです。とっても残念です。S氏がどちらにいかれても私のように感じる方がたくさんだと思います。

それと、Webページ。どっちも無いと仕事になんなかったでしょうねー。

お客様から、私の仕事に一定の評価を頂き、ホットしました。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« Webページがパートナー | トップページ | HP Designjet 430 欲しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/40990021

この記事へのトラックバック一覧です: Webページは大事なパートナー:

« Webページがパートナー | トップページ | HP Designjet 430 欲しい »