« 設計屋が自分で家守り? | トップページ | 超高層マンションが必要なのだろうか? »

2007年11月27日 (火)

自分できる、家のメンテナンスが有る!

前回の続きです。

先週は、下駄箱の建具の開閉金物(写真1)を取り替えました。

前から金具の様子を見ながら使ってきましたが、閉まりも悪くなってきていたし、建具が突然外れたので、新しい物に替えようと考えました。今ついている物を外して、市内富田町の金物店へ。以前から、建具周りの金具の購入に行っていたので場所は分かっていました。付いている物と同じのを1個270円で買えました。取り付けも簡単ですよー。調整用のビスが有りますから回してみて下さい、何とかなりますよ。皆さんが、自分でも出来る事かと思います。このようなパーツはホームセンターには無いと思いますので、下記金物店を訪ねてみる価値ありますよー。プロショップでも、素人の私達にも親切にしてくれます。ホームセンターより安く手に入れる事が出来ると、これもまた楽しいと思います。

有限会社佐藤金物店 024-922-1772 福島県郡山市名郷田2丁目6

自分でやれるメンテナンス、結構有ると思います。私の場合は、設計屋って事で一般の方より業者も知っているし、アドバイスももらえます。

それと私の場合、父が趣味で集めた工具が有るから、やる気を出せば出来る事が多いと思います。分かっているだけでも、電気道具・水道・板金・大工・左官など…(父の血液型はAB型、私はBです。あんまり関係が無いですか?)物置には、まだ知らない工具が有るのかと思いますねー。

皆さんは、メンテナンスも楽しみと考えて自分でしてみますか?

時間が無い方、工具がねーと思われる方は、迷わず新築で関わった業者さんに連絡をしてみてください。

10年も過ぎるとほとんどの修理工事は有償ですから、誰に頼んでも引き受けてくれると思いますが…。でも、住まいの一生を考えた、メンテナンスも良い仕事で、良心的な費用でしてもらうのは大事です。そうすると、やっぱり新築で関わった業者に面倒をみてもらうのが一番です。

前々回書き込みをした、「家守り」ともつながりますねー。

私の家で18年間使ってのメンテナンス費用一部を紹介しましたが、他のお宅と比べて決して多い方ではないと思うし、普通に起こる事です。その他に、暖房器具の買い替えなども有りますねー。

建物のメンテナンススケジュール表を付けてみましたご覧下さい。(写真2)

近年の建築設備・水周り機器の進歩には目を見張るものが多いです。多機能・高性能・省エネ、便利になってもいます。当然、20年前に比べてイニシャルコストが高くなっているのも多いです。

耐久性はどうでしょうか?10年は使いたいのでしょうけど…、エコキュートなどは、基本的に耐用年数6~7年くらいが家電の実使用年数と思います。

Webページで、こんなのも見つけました。

http://www.hidenka.net/tsuyama/tsuyama.htm

☆オール非電化の家「オーガニック住宅」☆ 岡山県津山市で…

・電力使用量は在来住宅の10%以下

・電力は太陽電池で供給(一般電力線は引かない)

・ガス使用量は在来住宅の10%以下

こんな事も考えないといけない時代が来ないともいえないので。

住まいを便利にすることだけを優先に考えると、後で後悔することにならないとも言えないでしょうねー。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

GenaMente

|

« 設計屋が自分で家守り? | トップページ | 超高層マンションが必要なのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/17202346

この記事へのトラックバック一覧です: 自分できる、家のメンテナンスが有る!:

» マイナスイオンでリフレッシュ!!山善 ヤマゼン USFI-650 NW セラミックヒーター 暖房 省エネ [省エネ、低コストの暖房に注目し、寒い冬を乗り切るブログ]
マイナスイオンでリフレッシュ!!山善 ヤマゼン USFI-650 NW セラミックヒーター 暖房 省エネ品番:USFI-650 NW本体寸法:幅26.0×奥行15.0×高さ43.0(cm) パワー切替:不可 運転切替:送風/温風 マイナスイオン:有 風向可変式ルーバー:有 消臭機能:有センサー:人体感知センサー 安全機能:自動オフ機能○在庫僅少関係で商品をすぐにご用意できない場合がございます。お急ぎの方は必ず事前に納期日をご確認いただけますようお願い申し上げます。人体感知セン...... [続きを読む]

受信: 2007年11月29日 (木) 21時48分

« 設計屋が自分で家守り? | トップページ | 超高層マンションが必要なのだろうか? »