« 渡昭建設さんの構造見学会にお邪魔しました。 | トップページ | 設計屋が自分で家守り? »

2007年11月17日 (土)

家守り

?… 皆さんは、家守り(いえもり)って言葉をご存知ですか。

私も、近年忘れかけていた言葉ですねー。

家守り(いえもり)=工務店が、家を建てた後も修繕やメンテナンス・リフォームなどを通じて家のハード部分をフォローしていく存在という意味です。地域工務店の大きな特徴の1つでもあります。

私が忘れていたのは言葉でして、お取引工務店さんは皆さん普通に家守り(いえもり)を行なっていますねー。当たり前の事と考えて、日々仕事をされています。

建物は作って終わりじゃない。メンテナンスの始まりなんですね。生活が始まれば、少しずつこわれ始めます…

家ができたらハイサヨウナラ。ではなく一緒に建物を守り育てて行く住宅業者が必要です。

住まいの構造・機能が時代と共に大きく変わっても、メンテナンスが必ず出てきます。

またいつものネタ探しに、Webページを使って「家守り」で検索から始めました。

住宅会社の中には、ホームページ・パンフレットなどに「家守り」と書き込んで好印象を得ようとされているケースもあると思います。むしろ、ホームページ・パンフレットを持たない工務店が当たり前に家守りをしていると思います。

住まいを作る時、住宅会社を決める時は、前回の書き込みで紹介したような、皆さんのお近くで〈会社の社長・棟梁とよく話をして見るとか、住まい以外の考え何かも知る事をされたほうが、判断を間違わないと思います。〉地道に仕事を続けてこられた、地域工務店で間違いはありません。

Webページで、こんなのも見つけました。

FC展開としての家守りビジネスが出現した。

新建ハウジングWEBコラムで紹介されている記事をのせて見ました。

http://blog4.s-housing.jp/article/28195614.html

「家守り」というビジネス。地域工務店が頑張っているこの先も要らないでしょうねー!

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 渡昭建設さんの構造見学会にお邪魔しました。 | トップページ | 設計屋が自分で家守り? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/17098818

この記事へのトラックバック一覧です: 家守り:

« 渡昭建設さんの構造見学会にお邪魔しました。 | トップページ | 設計屋が自分で家守り? »