« 「きつつき会」の紹介 | トップページ | 家守り »

2007年11月12日 (月)

渡昭建設さんの構造見学会にお邪魔しました。

皆さんは、今年の紅葉狩りに行かれましたか?もう終わりですかねー。

秋の風が冷たくなりました。体調など崩されていませんでしょうか?今年は、インフルエンザの流行が早いと聞きましたが、注意しないといけないですねー。

昨日は、市内富久山町で行なわれた、「ファースの家構造見学会」にお邪魔しました。ツボイさんのブログ「きつつき日誌」で知り、Eメールで連絡を入れ、承諾を頂いて実現しました。今回、初めてお会いする工務店さんです。今年の初め頃に、私の近所に完成した住宅が渡昭建設さんでした。他にも、「きつつき日誌」で5月に金物工法の現場紹介が…

http://kabu-tsuboi.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_7a0b.html

施工事例が多く、お忙しいみたいです。

構造見学会会場は、60坪位の住宅の建て替え現場です。社長・渡辺昭彦様が対応をしてくださいました。

実は、10年くらい前にお父様と名刺交換をしています。二本松市のY工務店さんが10数年前に集成材+金物工法を採用され、私は許認可・確認申請業務をさせて頂いた期間が有りました。その時に、渡昭建設さんも同じ工法で工事をされていました。そんな事から、お名前は存じ上げております。

渡昭建設株式会社さんは、市内田村町下行合で二代続く地域密着型の工務店さんだそうです。

今回のお宅は、「ファースの家」って事です。ファースの家…?、始めて聞く言葉(用語)です。

渡昭建設さん、教えてください。

お話を伺ってみると、6~7年前に「ファースの家」の住まいつくりを知り、今まで手がけた施工事例も多いとのこと。郡山市内で採用されている工務店さんの中でも早い方じゃないかと思います。

私の紹介・拙いコメントより写真をご覧下さい。

添付した写真(左側上から)は、1.基礎コンクリート部に断熱工事、土台(米ヒ集成土台)→2.床下・ベタ基礎スラブの上に敷き込んだタイトプレート(蓄熱パネル)と同じもの→3.壁断熱(吹き付けた断熱材の外側にもう一層の断熱材が施されています。)→4.構造材は集成材+金物工法(ナイス・ウインウッド工法)これは、凄いです。「ナイスわくわくフェア2007春」住まいの耐震博覧会で東京ビックサイトに展示されていた物です。施工事例を見るのは初めてです。渡昭建設さんは、集成材+金物工法、使用する金物が変わっても、ずーと取り入れてこられたんだなーと思います。→5.サッシについての説明文→6.2階天井に設置されていた熱交換式換気扇(40坪程度のお宅ですと1基で済むそうです)。→7.2階天井に設置されてファンと1階床下空気層を結ぶダクト(パイプ)→8.2階の床構成の仕様が、また凝っていました。(下から、構造用合板+石膏ボード+ALCパネル+捨て張り合板+仕上げフロアー材)音対策からですが、その下に1階の天井面全体にグラスウールの敷き込みもされるそうです。

その他にも写真を撮影させて頂いたのですが、御免なさい肝心の外側からの撮影が無かったですねー。何時もの事です、大事な所が抜けてるんですねー…。ブログ「きつつき日誌」で、紹介されています。よかったらそちらの写真をご覧下さい。

以下の書き込みは、「ファースの家」Webページからの引用です。

1.家の寿命が90年に

 換気、調湿、そして空気洗浄された空気が家中に供給されるため(AIキッド)、屋内の空気はいつでも森林の中のような環境です。さらに、部材が常に空気にさらされているため、腐朽菌が発生しません。(→次世代高耐久認定交付)

2.輻射冷暖房の生活空間

 調湿された空気が構造内を循環するため、夏期冬期ともほぼ一定の湿度をキープ出来ます。

冬は、窓から入った太陽熱を蓄熱し、暖房必要熱量の約半分をまかないます。国内初!(→パネルの要らないソーラー住宅認定交付)

夏は、太陽高度の活用と独自の高断熱性能により、冷房熱を蓄冷し、省エネを実現しました。

暖房、冷房、双方の省エネ効果による評価(→次世代省エネ認定交付)

また、蓄熱蓄冷された熱は、輻射によって放熱されるため、身体にとってもやさしい空間で生活することが出来ます。

3.断熱・気密性能が担保される

 独自の断熱・気密手法で家全体をスッポリとシームレス状に包みこむため、建物全体の強さが大きく向上します。また、外気の温度や湿度に影響をうけません。この断熱・気密の性能は、多くの特許技術によって全てに家の性能が担保されることが、他の工法には取れないファース独自の大きな特徴です。

断熱、気密の手法は、それぞれ(断熱評定)(気密特別評価方法認定)を取得しております。

4.地震などの自然災害に極めて強い

 土台、基礎部分が吸震構造になっており、また構造体を特殊な樹脂でシームレス状に包んでいるため、地震に極めて柔軟に対応して、被害を最小限に防ぎます。

今回の新潟中越地震や過去の地震においても、「ファースの家」は、地震や自然災害に極めて強いと評価されています。

5.オール電化で優雅な、経済的な生活を

 「ファースの家」は、国内初!唯一のオール電化専用工法です。高性能住宅であるため、驚くほど安価な冷暖房費用で済みます。(深夜電力制度により、経済的です)また、安全でクリーンな、クオリティーの高い居住空間を作ることが出来ます。

昨日は2時間近く、私につき合わせてしまったことに、なっちゃいました。

真っ先に構造材に目が行っちゃって、反省しております。ファースの家については、もっと勉強をして行く必要がありますので、また別な機会に調べて書き込みをしたいと思います。

渡辺昭彦さま、昨日は、貴重なお時間を割いて頂き、有難うございました。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

Watas1_2Watas2_2Watas3_2Watas4_2Watas5_2Watas6_2Watas7_3Watas8

|

« 「きつつき会」の紹介 | トップページ | 家守り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/17050301

この記事へのトラックバック一覧です: 渡昭建設さんの構造見学会にお邪魔しました。:

« 「きつつき会」の紹介 | トップページ | 家守り »