« ワタショウさんの完成見学会にお邪魔しました。 | トップページ | 「きつつき会」の紹介 »

2007年10月31日 (水)

二百年住宅を一緒に!

 住宅の仕事を一から始めました。二百年住宅です。

 その担い手を私は地域の工務店さんと考えています。そう、日本全国にいる十六万社の工務店さんです。その方々と一緒に仕事をしたいと思います。

 日本の現存する住宅は、これから三十五年間でその多くが建て替えられることになり、ここでも大きな変化が起こり、大きなビジネスチャンスがおこります。

 「住生活基本法」が昨年成立、施行されました。住宅基本法ではなく住生活基本法というところが重要です。日本経済、高齢化社会、環境問題からも二百年の耐久性のある住宅がほんとうに望まれます。いくつかの家族によって住み継がれる二百年住宅もあるでしょう。そうした住宅と美しい住環境と豊富なサービスを提供すべきと考えています。

 みなさまの住宅づくりのお手伝いができればと考えております。

今回は、ミサワホーム創業者・三澤千代治氏が書かれた「二百年住宅を一緒に!」から一部紹介いたします。

三澤千代治氏は、昭和13年新潟生まれ、昭和46年にミサワホーム㈱を設立し、平成15年ミサワホールディングス㈱名誉会長を退任し、ミサワ・インターナショナル㈱を設立。

私が、市内の設計事務所に弟子入りしたのが昭和48年です。(全然関係ないですねー。)

どうして、この本を手に入れる事ができたかというと。私のブログ15日に紹介した、

HABIITA・Webページから、

提携をお考えの工務店の方へ→提携店募集・申し込みフォームから資料請求をして頂いたものです。私は工務店ではありませんので、頂いたお礼の気持ちから、今回本の紹介をしています。

まだ読みはじめです。

内容については、次の機会にでも、触れてみたいと思います。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« ワタショウさんの完成見学会にお邪魔しました。 | トップページ | 「きつつき会」の紹介 »

コメント

千代治さんかぁ・・・
200年住宅よりもまずは50年住宅から
確実にやるような法律が先ですよね^^

投稿: ヨシダデス+   +   +   吉田登志幸 | 2007年11月 1日 (木) 05時42分

地震をうまくかわせないと5年でも無理。
構造計画が重要です。

確実にしようと考えるなら、
耐力壁の検討だけでは難しいと思います。
現行法では、耐震性能の違った、造り手によりバラバラな住宅が多いですねー。

投稿: 大木 実 | 2007年11月 1日 (木) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/16933062

この記事へのトラックバック一覧です: 二百年住宅を一緒に!:

« ワタショウさんの完成見学会にお邪魔しました。 | トップページ | 「きつつき会」の紹介 »