« 住宅ローン利用者が危ない2 | トップページ | 魚の三枚おろし »

2007年9月17日 (月)

ローコスト住宅

近年、ローコスト住宅が大流行しております。ローコスト住宅と呼ばれる物の坪単価が安い所では20万円台と言うのも有ります。確かに安いですね、価格だけ見れば。

本当に、そんな価格で家が建つのでしょうか?

ローコスト住宅には多くのからくりが有ります。最低限の設備しか含まれていない。キッチン・ユニットバス・トイレ等の設備関係では人気の無い商品や型遅れ製品や事前に大量一括仕入れした物などで設定されています。そういった内容を変更すれば、結局普通の価格になってしまいます。また、その価格に実際生活を始める為に必要なものの追加金額を考えると、50万円台になってしまうのがほとんどだと聞いております。

そうです。タマホームの話しをしようと思います。

今、いろいろ評判になっているタマホーム。近くにモデルハウスができたのは約一年前です。

その後、実際どれ位の施工現場があるのかは分かりませんが、取引のある業者・工務店さんの中からタマホームについての話しを聞く事は多くなりました。

タマホームと競争になったんだけど、何とか契約までこぎつけた。

最初から、お客さんはうちとタマホームを一緒に話しを進めていたみたいだった。とか…今のところ、競争に負けたと言う話しは聞いていません。

私が思うのに、お施主さまは最初から頼むのは地域工務店へと決めていて。タマホームへは、いろいろと話を聞いて情報を仕入れ、この機会に勉強をしようと考えての事だと思います。ローコスト住宅の価格のからくりは、事前に分かっての作戦ですねー。

それと、住まいは作れば終わりじゃない。使って行くなかでメンテナンスが必ず出てくる事を理解されている方は、パッとできて、気がついたらお店が無くなってしまっているといった住宅会社では頼めないと感じての事ですねー。

お施主さまから相談される工務店は良い方です。長い事建設業を続けてきているのに、今までのやり方にお施主さまから不信感を持たれた工務店さんの中で、近年はローコスト住宅の木工事の手間受けに頼らないと食べれない方がいるのも現状です。でも、ローコスト住宅の手間受けは若くないと出来ないのでしょうねー。

ローコスト住宅の一例は、ブログ「タマホームでの営業体験記」そちらもご覧下さい。

私が感じた、一部想像でも有りますが。ローコスト住宅での、建築確認申請手続きについて紹介します。

ハウスメーカーの中でも、建築確認申請手続きを分業化にしている所が有ります。事実、同業者の中には、メーカーの配置図だけを書いている設計屋がいます。躯体構造図を本社から送られて来たものと、外部に頼んで設計屋が作った配置図とを一緒にして申請する。確認下ろすのも地元の設計屋に下請け依頼されているケースも今までは珍しくなかったと思います。

また、民間確認機関に申請する場合、現地調査票を建築士は必ず敷地のある市町村の担当課窓口で相談・打ち合わせをして記入しないといけないのですが、測量事務所などに依頼して敷地調査報告書なるものを作らせて分業で対応しているケースもあるみたいです。

現地調査は建築士が行なわないと、違法行為です。

先月です。工務店さんから建築確認申請手続きのお話が有り、仕事をさせて頂いた物件は、タマホームと競合したお宅。そちらの現地調査報告書は、土地家屋調査士事務所がしています。

建築確認申請手続きの分業化、やっちゃいけない部分も有るので、私はする気は全く有りません。もちろん、名義貸しもです。

ハウスメーカー・ローコスト住宅の建築士は、自分が現地確認調査をしていないで、申請した内容に心配が無いのでしょうか。怖くないのでしょうか

附、現地調査票では、

「設計を行うに当たり建築士法第18条第2項の規定に従って下記事項を調査いたしました。この調査票に記載の事項は事実に相違ありません。」と、建築士が誓約している。

確認申請書でも、

「建築基準法第6条第1項又は第6条の2第1項の規定による確認を申請します。この申請書及び添付図書に記載の事項は、事実に相違ありません。」と、設計者(建築士)が誓約署名している。

建築士が測量事務所で調査した報告書を信用して申請をしました。その調査報告で事実と違っている内容は、私じゃなくって悪いのは測量事務所です。何て、言えないです。

どっちにしろ、後で言い逃れができない建築士は、会社(メーカー)側が頼んだ現地調査報告書をそのままうのみにして確認申請出しちゃって大丈夫ですかねー・・・人の事は、まぁー良いか~

事例として、道路の扱い・幅員が足りなかったとか、用途地域・防火地域の間違いなどが後で分かり、工事が始まっているのに確認が戻されたケースが過去にあったみたいです。是正して確認が下りればまだ良い方で、どうやっても確認下りなかったら仕事に関わった建築士の責任は重大です。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 住宅ローン利用者が危ない2 | トップページ | 魚の三枚おろし »

コメント

こんにちは。業界事情というのは、外からはなかなか分からないので、興味深く拝見しました。私の家も建売ですが、今も建築した工務店の方にはいろいろお世話になっており助かっています。

投稿: shanghaiview | 2007年9月17日 (月) 10時05分

shanghaiviewさん、コメント有難うございます。

工務店さんと、お付き合いが持てている事は、これからも必要です。
新築してから10年もすると、設備面のメンテナンス、中には早いとこですと器具交換などが出てきます。
その前にも、小さい部分での業者さんに来てもらう事が出て来るかも知れません。その時、新築工事で関わってる方でしたら、無料でしてもらえる事が有ります。

建築は、沢山のパーツの集まりですので注意が。
特に、毎日使っている部分での、気配り・手入れが必要になってきます。それと、普段見えてない部分、そちらは定期的に建設に関わった業者さんに見てもらうのが一番良い事だと思います。
突然、「屋根の点検に来ました。」とか言う、悪徳業者が来ても、家は定期的にメンテナンスしてもらっていますので・・・で、済んじゃいます。
必要以上に、知らない業者を屋根に上げると、間違いなく雨漏りの原因を新たに作るような事になりますので注意してください。

投稿: 設計屋 | 2007年9月17日 (月) 14時12分

9.21お誕生日おめでとうございました!!
1日遅れちゃいましてすみません^^

一生の買い物だけに
た~くさん勉強してから建てて欲しいですよね。

投稿: ヨシダデス+   +   +   吉田登志幸 | 2007年9月22日 (土) 02時55分

吉田さん、有難うございます。

昨日は思いもよらない事が有りました。
それは、マダイが一匹(50cmオーバー)、どーと持ってきてくれた人がいて、びっくりしました。
従兄弟が新潟沖で釣って来たものを、私が素人が刺身に?かたちがひどい物になっちゃいました。
せっかくのマダイが…難しいですねー。
食べ終わってから、Webページ調べましたよー。
http://www.yasutaka-suisan.co.jp/c01.html
鯛は、はじめてでした。骨の位置が理解できてないと大変です。
今度、私も小名浜港でも黒鯛を釣ってきて勉強します。まだ30センチオーバーは釣ったことが無いので、練習が何時になるか…


そうですよねー。
長く使う事になると思うので良く勉強してからでないと・・・

投稿: 大木 実 | 2007年9月22日 (土) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/16472960

この記事へのトラックバック一覧です: ローコスト住宅:

» スウェーデンハウス評判住宅 [スウェーデンハウス評判住宅]
スウェーデンハウス評判住宅 [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 13時24分

« 住宅ローン利用者が危ない2 | トップページ | 魚の三枚おろし »