« ナイスわくわくフェア | トップページ | 構造計算書偽装問題等でかわる建設業界と関わる私達建築士 »

2007年7月 8日 (日)

八州の家の完成見学会にお邪魔しました。

Naisu1_3 昨日は、夢メッセみやぎで行われているナイスわくわくフェアに行ってきました。

今年の春3月24日に東京ビックサイトで行われた住宅フェアを少し小さくした感じの、商社・材料問屋のナイスさんが提案されているものを、株式会社ツボイさんのバスツアーで参加しました。

毎回、絶対に足を運ぶコーナーがテーマブースです。ほとんどの時間そこで使ってしまいます。

わくわくフェアへは、東京ビックサイトで行われたものに続けて4回、今年春にも見ていますのでそんなに違っていないのかなーと思いながらも参加をしましたが、いえいえそんな事無かったですよー、大きな収獲がありました。

改正建築関連法についての資料を手に入れようと考え、その辺がある事を期待して参加しました、もちろん有りました。

制震装置の「ジオフォルテ」のコーナーでは、ナイス事業推進本部主事 田久保健一さんとお話ができた事が良かったです。田久保さんは一級建築士/一級施工管理技士の資格を持っていられる方でした。短い時間でしたが、改正建築基準法についてもいろいろ。立場は違うのでしょうけど、同じ建築士としての話しができて良かったです。

毎回、ナイスわくわくフェアへは、知らない商品の確認(水周り・総合建材メーカーブースについては時間が無いのでほとんどが無理です)とか、田久保さんのような技術者の方ともお話しをする事で、法令を含めた中央の最新の動きを感じ取りたくって参加しています。

そして、今日午前中は、安積町荒井で行われた、株式会社 八州の家さまの完成見学会にお邪魔しました。今回、初めてお会いする工務店さんです。ツボイさんのブログで知り、先週連絡を入れ、承諾を頂いて実現しました。

私が朝一番の見学でした、30分位の訪問の間に二組、内若いお客様がお見えで、具体的に八州の家さまで設計を進めていらっしゃるお客様のようでした。昨日も、たくさんの来場者が有ったみたいです。正直、完成見学会に若い方の来場者が多いのはとってもうれしいですねー。ローコスト住宅のコマーシャルが多い近年、ちゃんと分かって下さっている、これからの時代を担う若いお客様に来て頂いている工務店さんがある事にホッとします。

下記、八州の家さまのポームページで紹介されている、社長のコメントをご覧下さい。

“私は、お客に本当の満足して頂ける家を造りたいと強く願い、自然素材をふんだんに用い、お客様の要望を出来るだけ取り入れ、予算内で健康住宅・高耐久住宅を提供しています。お客様の御要望とプロの目で見た見解を互いに切磋琢磨していく中で、信頼関係を築き、一棟一棟心を込めて長く愛される住宅を建築し、末永くお各様とよりよいお付き合いが出来るよう心がけております。”

http://www.hasshunoie.sv.bigsite.jp/index.html

今回の見学会会場は、注文住宅。お引渡し前に2日間お借りして行なわれたものだと思います。

玄関から内部に入ると、建具一枚奥にリビング・ダイニングが有ります。そこに大空間が存在します。初めて訪問される方は、皆さん驚くと思います。広い面積と大きな吹き抜け、2階梁が丸太手斧(ちょうな)仕上げです。リビングの床は桜ムク材、天井が赤松板貼り天井、壁にポイント的に板張り。

2階に上がってもビックリです。遊び心がいっぱいの設計でした。

詳しく紹介したい所なのですが、八州の家さまのマル秘テクニックだったりすると迷惑をおかけするようになってしまったら大変ですので、皆さん想像して見てください。でも、分からないと思います。私も「えー!」思わず声が出してしまいました。写真で紹介ができないのが、とっても残念です。

今日は私、素直に脱帽でした…

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« ナイスわくわくフェア | トップページ | 構造計算書偽装問題等でかわる建設業界と関わる私達建築士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/15692214

この記事へのトラックバック一覧です: 八州の家の完成見学会にお邪魔しました。:

» 造幣局の桜 [造幣局は見事です]
造幣局の桜の通り抜け。あなたは知ってます? 毎年4月に多くの人が造幣局の桜を楽しいんでいます。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 22時04分

« ナイスわくわくフェア | トップページ | 構造計算書偽装問題等でかわる建設業界と関わる私達建築士 »