« 二本松伝統工芸家具店を訪問 | トップページ | 建築士の責任 »

2007年6月23日 (土)

駆け込み申請のその後

今から、一週間前です。

駆け込み申請手続きをした、物件の許可書を今日頂いてきました。

訂正は、今回は特に気を入れて作りましたので、図面の方は何も無く認められましたが、申請書の記入ミスが今日もありました。これからは、不適合な箇所がある申請は一切無効になり、申請が出し直しになりますので大変です。

その先も、全く図面・申請書に訂正がない状態で、確認許可がいただければ一番良い事なんですが、私では難しいと思います。

昨日から、ふくしま住宅センターなどでは改正後の建築確認申請受付を行っております。

住宅についても、事前審査申請後、受け付けになるみたいです。

事前にキッチリ審査をしてもらえれば、出し直しになるケースはそんなに多くないと思いますが、新たに増えた内容もありますので注意するところが増えました。

今回の法改正で、新たに建築士免許証のコピーを付けないといけなくなりました。建築士本人であるかの確認と名義貸し等を無くす為の目的からです。

今日は私、午後から約一時間センターにお邪魔していました。同じ時間帯に、友達のA設計の一級建築士とたまたま一緒になりました。

A建築士は、新しく確認申請手続きをしに来ていました。A氏は、今回の改正内容をほとんど知らないでの申請になったみたいです。

他の建築士の手伝いでA氏自身が図面を作り・申請書の作成をし、今までと同じやり方で今日受付をして行こうと考えたみたいでした。

A氏、自身の確認申請じゃないことは直ぐにセンター側では気がつきます。

このままの申請では駄目です。代理者氏名の欄にA建築士の名前を記入して、建築主からの委任状をつけて下さい。

はい、分かりました。 出直して来ます……

名義貸しとは少し違いのでしょうけど、

申請に来ている建築士が一級建築士であっても、別の建築士ですのでこれからは今までのようには行きません。

それじゃ、今までのハウスメーカーがしてきた事はどうでしょうか?

建築士を本社に置いて、設計事務所登録をしているケースは多いと思います。現場が郡山市の場合、確認申請手続き・申請書の訂正を本来は建築士がしなくてはいけない事としているのに、事務員さんがされている所も良く見かけます。ましてや、確認申請に署名押印している事になっている建築士が、工事現場もひんぱんに見ているとも思えないのが想像できるのに、今まで通りそっちの方はOKと言うのでは……弱者いじめの法律改正になってしまいそうです。

全ての業者に対して、法律改正がキチンとした公平なものでお願いします!

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 二本松伝統工芸家具店を訪問 | トップページ | 建築士の責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/15524771

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け込み申請のその後:

« 二本松伝統工芸家具店を訪問 | トップページ | 建築士の責任 »