« このままオール電化住宅になっちゃうんでしょうか。 | トップページ | アイキャス体験ルーム »

2007年3月 1日 (木)

住宅用火災警報器

1月30日の書き込み、火災予防対策に続きます。

火災警報器の性能を比べる目安が無いので、NSマーク(日本消防検定協会適合品)」のついた製品の中から、家電量販店で決めました。

仕事柄、安く買える手段は有りますが。今回は一般の方が店頭で火災警報器を手にとって確認をし、購入されて、自分で取付けるやり方で考えました。

近くには、大型ホームセンター、家電量販店があります。品数も豊富で、価格的は1個8千円~一万円位までの物が多くどれを選ぶか迷います。

パソコンの備品などを買うのに利用するポイントカードが魅力の駅前のヨドバシから…。 http://www.yodobashi.com/enjoy/more/productslist/cat_162_192/41409989.html

火災感知方式が煙式と熱式があります。台所には熱式、各居室・階段天井には煙式を、電源は乾電池式で。煙式と熱式のメーカーを別の物にしましたが、特に理由がある訳では有りません。私の性格からそうなっちゃいます。

付けてみて、誤作動するくらい感知能力の高いものでも良いと思います。乾電池式なので取付け場所を少しずつ換えてみたりして、火災警報器が「どんだけ役にたつ物なのか?」試してみたいと思います。 楽しみながら!

設置場所については、政府広報HPがありますのでそちらをどうぞ参考になさって下さい。

http://www.gov-online.go.jp/pickup/2005_11/pickup_b.html

先週から使っていますが、特に台所にある熱感式がわざと目に付くところに取付けました。

台所で日頃火を使う事になれちゃっている、私を含めた家族に、「火事になったら大変だ。」その行為を思いとどまらせる力。火災警報器に火災抑止力も期待して早めに設置しました。

HotikiNasyonaru

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« このままオール電化住宅になっちゃうんでしょうか。 | トップページ | アイキャス体験ルーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/14094723

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅用火災警報器:

« このままオール電化住宅になっちゃうんでしょうか。 | トップページ | アイキャス体験ルーム »