« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

火災予防対策

Netu 「住宅用火災警報器」設置が義務づけられたのが、新築住宅は平成18年6月1日から、既存住宅では平成23年6月1日までの猶予期間が決められています。

前にブログでも書き込みをしました。

住宅用火災警報器等には大きく分けて天井に取り付けるものと壁に取り付けるものの2種類があります。

さらに、どちらも家庭用電源(100V)式と乾電池式の二つの方式があります。

設置場所は寝室や階段の天井で、住宅の構造によって決まる。火災の煙に反応して、大音量の警報音が鳴り響く仕組み。耳が不自由な人のために閃光せんこうで知らせるタイプもある。5000-1万2000円ほどの価格帯が主流で、自分で取り付けられるタイプが大半です。

そんな事で昨年の6月以降は、新築住宅では100%火災警報器を設置して工事が行なわれております。

それでは、私の家では火災警報器の設置。どうなっているのー?

私の家は、18年前に作りました。敷地の関係上、家族全員が一緒に食事ができる部屋は2階になります。…以前こんな事が有りました。

2階の台所で調理中だと思っていた母が、ガスコンロに鍋をかけたままいないんですよ。

私は同じ階で仕事をしています。その日はたまたまトイレに行こうとして前を通って気が付きました。

コンロに火がついているのに母がいない!

少しして、近くの八百屋で足りなかった食材を買って来たって、言うのです。

「何やってんの!」、私がつい、怒って言っちゃいました。

反対に母が、「分かってんだから大丈夫だ。」って、頑張るんですよ。

…大丈夫だ。と考えていることが、…私には分かりません。

そんな訳で、半年前に、「住宅用自動消火装置」について調べて見ました。

結果、セコム トマホークジェットアルファが性能面で良い消化装置だと考えています。が…、まだ設置に至っていません。

自動的に消火液を噴射する、自動消火装置が最も良い火災の予防対策なんでしょうねー…。

「住宅用火災警報器」に、話を戻しましょう。

-住宅用火災警報器-

感知部、警報部等が一体となった単体タイプの警報器で、火災を感知した火災警報器だけが警報音を出します。

煙式警報器:煙を感知して、火災の発生を警報音又は音声で 知らせるもので、一般的にはこれを設置します。

熱式警報器:熱を感知して、火災の発生を警報音又は音声で知らせるもので、日常的に煙や蒸気の多い台所に向いています。

改正消防法では、設置義務が既存住宅は平成23年6月1日まで。

今直ぐにでも、良い物が有るのですから。

「火災警報器」手軽に手に入れることが出来るのですから利用しない手は無いでしょうー。

新築住宅では計画の段階から設置場所が検討出来ますので、天井が良い場合、壁に取り付けたらとか、電源も家庭用(100V)式と乾電池式などが考えられます。

また、製造・販売の方も、照明、電気設備、家電、住宅建材、セキュリティ、消火器などのメーカーからたくさん種類の住宅用火災警報器が出ています。その中から、選んで取り付けられています。

ただ、火災警報器の性能を比べる目安が無いのです。「NSマーク(日本消防検定協会適合品)」のついた製品を推奨しております。

そこで、私、自分の家で使える物を探してみます。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月23日 (火)

ペレットストーブ

Photo 福島県は22日、木質資源をエネルギーとして再利用するペレットストーブを県庁西庁舎の県民ホールに設置した。県が本年度導入した森林環境税を財源にした事業で、県民の利用が多い同ホールに設置し、森林資源の有効活用、地球温暖化防止につながる同ストーブの普及啓発をPRする。

県民ホールに設置されたストーブは価格が約28万円。木質ペレットは一キロ45円で、一時間当たり約一キロを使用する。灯油価格の高騰などもあり、県はペレットストーブの普及に力を入れており、家庭用に小型、低価格の製品を来年度中に製品化するため、郡山市の業者に研究開発を委託している。

今朝の、福島民友新聞の記事からでした。 

私の今年に入ってからのブログ書き込みと、今朝の新聞の記事が、タイミングがグッドですねー。

みなさん、「木質燃料」に関心をもってください。☆☆☆

私も、これから勉強して行きます。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月20日 (土)

薪ストーブ4

石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、エアコンの暖房では、どれが一番経済的ですか?

石油ファンヒーターが一番安いそうですよ。 下記のURLに何が一番安いかなど書いてあります。ご覧ください。 http://allabout.co.jp/family/yarikuri/closeup/CU20041210A/index2.htm

環境に優しい暖房機器。

「木質燃料!」 環境活動で私達が身近に取り入れられる行動に暖房機の選択も考えられます。

でも、暖房機の検討。家計費の上で決まる場合が多いと思います。

インシャルコストは別に考えても、毎日の燃料費、また燃料の調達の仕方などを慎重に検討をする必要が有ると思います。

今年初めから、主に薪ストーブの販売取付けをさせている業者さん、北欧家具(デンマーク)の販売をしているラビーダさんのショールームにお邪魔しました。薪ストーブの良さは分かったつもりです。ただ、私が暮らす今の場所(お隣が近い)ではたして薪ストーブを設置して、ご近所から苦情が来ないか? その事が、まだ、不安は残ります!

ペレットストーブですかねー。☆☆

ペレットストーブの情報はまだまだ少ないと思います。ミクシィの掲示板にストーブをお使いの方、販売・取付けをしている業者さんの書き込みが少しですが確認できます。皆さんもミクシィ内部に入ってみて下さい。 http://mixi.jp/view_community.pl?id=719892

ペレットストーブ本体を考えると、日本製の中には信頼性の点でまだまだだと感じるストーブがあります。

海外では以前から取り入れている暖房システムですので、日本のメーカーは外国製を分析・研究している所なんですかねー。

スタッドレスタイヤの例で見てみますと、マネから作り始めた日本メーカーが世界一、今ではヨーロッパから技術を教わりに来ているって事を前に聞いたことが有りました。それが本当なら、ペレットストーブの場合でも、優秀な日本企業が本気で取り組めば、使いやすいストーブがたくさん出来ると確信しますねー。

それには、みんなが関心を持たないと。 ☆☆☆

ストーブが増えればペレット燃料作ってみようか。本腰いれて、生産ライン作るぞー!!と考えれば、そうなれば、燃料のペレットが手軽に手に入ると思います。もちろん、「国策も必要です。」 ☆☆☆☆

現在の木質ペレット燃料は、おが屑や製材所の廃材や林地残材などで作られているようです。製造している所が近くにないと輸送費が大変です。

私が今すぐにペレットストーブを設置したいと考えた場合、燃料調達が大きな問題です。近くに、作っている所が有れば良いのですよねー。

郡山市内、近郊にも、製材所や林業組合が多くあります。大きな木材チップ工場も創業されています。そちらの製材所や工場で燃料を作ることが出来れば、もっとペレットストーブが身近な物になると思います。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月17日 (水)

ミクシィのコミュニティ

このブログを書く目的の中に、地元でガンバル工務店・建築関係の方の紹介などもしております。

そんな同じ目的で、三ヶ月前からミクシィに入れて頂きました。

今日、ミクシィの掲示板を利用して共通する趣味や関心ごと、考えなどを他のメンバーと共有することができるコミュニティを作りましたよー。

コミュニティ名:「福島でがんばる工務店達」

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1754917

皆さんの地域に生まれ、根を下ろし、その地域で活動している工務店を選ぶ際の参考になればと考えました。

福島県内で主に住まいに関した工事をされている工務店・リフォーム業者、住宅建築に関連した仕事をしているの方が集う場です。情報交換の場として活用ください。

ミクシィについて

ちょっと古い資料で。総務省、2005年3月末時点の国内ブログ利用者数は延べ約335万人で、 今後の予測値としては、2007年3月末のブログ利用者は延べ人数で約782万人、アクティブブログ利用者数は約296万人、ブログ閲覧者数は約3,455万人に達すると予測している。新しい資料が見つかんなかったので大分違っているかも知れません。

ミクシィ(mixi)設立3年で会員700万人、毎日1万づつ増えている状況だそうです。

身近な友人・知人や、共通の趣味・関心を持った人と交流するための集う場です。

ミクシィの入会は無料ですが、友人からの紹介が必要です。ミクシィの紹介をご希望の方は、私の所へ、下記連絡先までメール頂ければと思います。

o.sekkei@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薪ストーブ3

私の家では、今月の灯油(配達)購入価格が72円40銭/1リットルです。まだまだ、高いと思います。

前回の続き、薪ストーブについて。

先週の金曜日、郡山市喜久田町卸1-86 DLD 郡山ショールームさんにお邪魔しました。

突然の訪問だったのですが、ダッチウェスト社製の薪ストーブがあったかく迎えてくれました。

5~60帖のショールーム内には十数個の薪ストーブが展示されていて、内2個に火が入り、開放的な広いショールームの暖房に使われていました。

輻射熱の力ですかねー?

暖かいと感じましたよ! 

顔がぽぁーっとする感じ!

2個の薪ストーブをフルに炊いちゃうと暑くていられないとの事。 私も薪ストーブのパワーを感じ取れました。 ☆

DLD(ディーエルディー)さんは薪ストーブ・暖炉をご購入いただいたお客様に対して、安全に安心して長く使っていただく為に、オーナーズクラブに入会して頂いてメンテナンスをプロのスタッフがサポートする事で製品・施工を保証しているそうです。

お話を伺った方は、販売員さん?事務員さん?建築士…? 

話を進めていましたら、1時間はあっと言う間でした。アポなしの訪問でしたので、また機会を作って伺ってみようかなーと思いながら、今回はこの辺で失礼してきました。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

薪ストーブ 2

お正月休みに、郡山市内で薪ストーブの販売・取付けをしている業者の検索をWebページから始めました。

DLD 郡山ショールームさん 郡山市喜久田町卸1-86

建材市場リフォームスタジオ郡山 こちらは、株式会社グリーンライフ(建設屋)さんのショールームでした。

ペレットストーブ郡山 会社名:プレジャー ファイヤー 所在地:福島県郡山市鳴神3-134 代表者:清野克純氏

一昨日に上記3業者へ電話連絡を入れたらお正月休み、当然ですよねー。9日からの仕事始めでした。

その中で、ペレットストーブ郡山・清野克純さんが昨日はお休みなのに、「自宅へどうぞ。」快くおっしゃって下さったのでお邪魔しました。

えっ、なんでペレットストーブなの? 薪ストーブじゃ無かったの?

ペレットストーブも木質燃料のストーブです。

薪ストーブと一緒に設置事例・取付け業者さん等をお訪ねしてみようと考えました。

範囲が広がっちゃいました。時間がかかりそうですねー。

薪ストーブの煙突が設置されているお住まいは直ぐに分かりました。もちろん、ペレットストーブも有ります。清野さんから、興味深いお話を伺う中で、「石油ファンヒーターの生産を家電大手メーカーが完全撤退しそうですよ。」って言うのです。えっ、そんな事が…。

Webニュースが有りますのでそちらをご覧下さい。

産経新聞社 ニュースから

かつて家庭用暖房器具主役だった石油ファンヒーターの市場から家電大手が姿を消す。エアコンの性能が向上したほか、ホットカーペットやオイルヒーター、床暖房など暖房器具の選択肢が広がり、製品価格が急落して市場が縮小したことが理由だ。家電大手の中で唯一残ったシャープも来年3月で生産を打ち切り、市場を専業メーカーに委ねる。

日本経済新聞社 ニュースから

『暖房機大手メーカー、「石油」撤退』

最近、灯油が以前のような価格にまで下がらない! 高いと感じます! 石油ファンヒーターのメリットが少なくなって来ている事に有るようです。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

薪ストーブ

昨年末からお正月の期間に書いていた鉄骨造の工場の図面作り、昨日でほとんどが終わりました。

それにしても、今シーズンは暖かい・雪が無いですねー。街で生活している私達はほんと助かります!

年末に、薪ストーブに触れる事が出来ました。その薪ストーブの心地良い暖かさは、「薪エネルギーは何度も人を暖めてくれる」、何所にあるのだろうか?

日本は先進国の中でも森林大国。国土の3分の2は、緑深い森です。

先進諸国の間では、今、新築される家屋に設置される薪ストーブの比率が高まりつつあるそうです。薪ストーブの心地良い暖かさや安心が見直されているからだと思います。

薪は、手作り的なエネルギーです。

社会がどんどんハイテクなものになって行く今。

時代のエネルギー・システムから全く自立している薪ストーブの存在が私はずーと関心を持って来ました。

ただ、私が暮らす今の場所(住宅街・お隣が近い)ではたして薪ストーブを設置して、ご近所から苦情が来ないか?

煙突から排出される煙について、実際に設置して家族(特に両親の…)からの不安?が残るなどして使えないって事になったらもったいない。

そんな事を考えていては、何時までたっても「薪ストーブの心地良い暖かさの有る暮らし。」が具体的な形にならないですねー!

昨年は、灯油が高かったです。2~3年前のような価格に戻るとは考え難いと思います。

化石燃料には限りが有りますので…!将来も、ずーと簡単に手に入ると考えているとちょっと問題が起きるかも知れません。

それと、考え過ぎかも知れませんが……。私は寒くなると思い出します。

二十数年に福島県全域で、クリスマスに大雪で送電線の鉄塔が至る所で倒れて停電になりました。私の家では3日間、遅い所では5日間以上電気の無い生活をしいられた地域があったと思います。

災害があった時、電気はライフラインの中でもっとも早く復旧すると言われています。

石油・ガスを燃す暖房機器でも、電気が無いと只の鉄の箱。一晩でも暖が取れなかったら、どうなっちゃうんでしょうか? 一番我慢できない、食事のことを考えると……

そんな事を考えて、家には電気を必要としない石油ストーブと一度も使った事の無い七輪を取って有ります。災害が無かったら、火鉢・炭などをこれからも使う事が無いと思います! でも、…?

例年、今の時期そんなに仕事が忙しくないので、少し「薪ストーブについて」調べてみようと思います。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

新しい年、気分も一掃してスタートです。

今日は、お天気が良いですね!今年良い事が多そうですねー!?そんな予感がします。!

昨年と同じ、開成山大神宮からの書き込みです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »