« サイト名:掃除先生 | トップページ | 食料の需給率 »

2006年10月25日 (水)

洗面水栓改造のその後

自宅1階の洗面所・水栓に自分で人造大理石の切れはじを削ってビスで取り付け、指がかかるように2ヶ月前改造をしました。

最近、父親が手の指が想うように動かないみたいで、洗面所を使うのに不自由となりがちだった蛇口の改造をした事を8月16日の書き込みで紹介しました。

改造をした事で大部良くなったみたいです。「指がかかる部分がちょうど良いよー。」…って言ってもらえました。しっかり閉める事ができるようになって、父自身洗面所に立つのが苦になんなくなったようです。

改造、やって良かったと感じています。

握ってから手指だけを回転させる水栓は老いて握力が落ちてくると上手く回せません。私でも石鹸水などで濡れていると力が逃げて簡単に出来ない事も有ります。

皆さんの、今お使いのお住まいが使いにくくなって来たと感じた時、小さい部分の不具合から始まる事が多いと思います。細かい・小さい所からでも使いにくい部分の改良・改修を継続的に続ける事が出来てれば、大掛かりな改築工事を必要としないで、今のお住まいで以前のような生活が続ける事が出来ると思います。 Toto13_1

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« サイト名:掃除先生 | トップページ | 食料の需給率 »

コメント

洗面所の水栓の改造、やられたんですか!
うまく出来たみたいですね。

投稿: 水道店 | 2006年10月25日 (水) 17時07分

前からやって見たいと考えていましたが、
思い切って加工して良かったと思いました。
また、これから先使って行く上でもっと改良が必要になればもっと別な方法も考えてみたいと思います。

投稿: 設計屋 | 2006年10月25日 (水) 18時45分

私、大木さんの自宅改造ブログ大好きです。また改造してください。非常におもしろい!!

投稿: しろくま | 2006年10月27日 (金) 17時15分

先生コメント有難うございます。
思い切って新しい物に取り替えちゃえば改造をしないでも使いやすくする事は簡単に出来るんでしょうけど…。
20年前には無かった設備機器(福祉の部分を多く考えた機能の…)。今ですと良い物がたくさん有ります。

投稿: 設計屋 | 2006年10月27日 (金) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/12421517

この記事へのトラックバック一覧です: 洗面水栓改造のその後:

« サイト名:掃除先生 | トップページ | 食料の需給率 »