« 喜多方市 S邸 現場3 | トップページ | エコハウス・快適住宅、完成見学会 »

2006年10月 6日 (金)

住まいに関する自然素材

いい住まいづくりは「いい住環境づくり」のこと。

快適な住まいを作るのに周りを自然素材で囲む、肌が触れる所はもちろん事できれば見えない部分の断熱材・下地及び構造材も自然素材を使い造りたいです。

住まいづくりのテーマ
・住む人が主役でありつづけること。

これから家を建てる人へのアドバイス
・見ばえより本質的なことが重要。自分たちの家=人生に大切なものをよく考え、失敗のない家づくりを、そしてつくる過程を楽しむ、住んでもっと楽しい、それがほんとうの住まいづくりです。


自然素材のなかに珪藻土・シラス壁が有ります。100%自然素地で出来ている物からそうでない物までいろいろです。本物にこだわれば100%自然素材なんでしょうけど、直ぐに結論を出さないで耐久性なども考えて、もう少しこれからも勉強をして行きたいと思います。


珪藻土については以前2月7日に書き込みで紹介した、株式会社 ワンウィル ケイソウくんが性能・使いやすさからベストな製品だと考えます。他の珪藻土についても調べていますので、分かった時点にブログなどで紹介します…。


では、シラス壁について調べて行きたいと思います。

Googleで 「シラス壁」 で検索すると、一番目に「健康シラス壁の家」が出てきます。
そうです。9月18日で紹介した、田村市船引町の株式会社 丸ウ吉田工務店さん 吉田社長のブログです。


blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 喜多方市 S邸 現場3 | トップページ | エコハウス・快適住宅、完成見学会 »

コメント

いま・・・
『何よりも、住まいのつくり手と、
建て主様意識改革にかかっていると思ってます。』

それは・・「自分や他人のカラダに悪い影響を与えないものか?」
「地球環境にとってマイナスにならないものか?」
をまず考え、消費や行動を選択していくものです。

「健康」と「地球環境」は切り離せないもの。
地球がボロボロで自分だけ健康なんて、あり得ないですもんね。

投稿: yoshida | 2006年10月 7日 (土) 09時10分

30年前、「安全な住まいを…」と考えていた人がいても、地球環境の事まで考え住まいづくりをされてきた方がいたんでしょうか…?
私もぜんぜん考えないで設計にかかわって来ました。
その後、どんどん新建材・ビニールクロスなどの使用が増え、化学物質による健康被害の事例が多く出るようになって、その事は今家づくりを検討させている方が理解されていると思います。自分のからだ・健康に大きくかかわる住まいですので当たり前ですねー。
ラジオを聞きながらいつも仕事をしてます。
少し前に、「環境に良い事」 「それは当たり前のことをする事。」って言ってました。
住まいの設計にこれからも関わらせてもらえる事が出来たら、造り方・材料選択などが地球環境に影響がある事だけに当たり前のことをするってどういう事か、耐えず注意して考えて行きたいと思います。


投稿: 設計屋 | 2006年10月 7日 (土) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/12170382

この記事へのトラックバック一覧です: 住まいに関する自然素材:

« 喜多方市 S邸 現場3 | トップページ | エコハウス・快適住宅、完成見学会 »