« これから上棟式です | トップページ | 換気扇の分解清掃 »

2006年9月 3日 (日)

古いデザインジェット230を救った

私が手書きの図面からCAD化に変えたのが10年前です。けっして早い方では無いと思います。
前の年にWindows95が出て、世間が一気にパソコンの採用に火が付いた記念すべき年に私も思い切って購入しました。
NEC PC-98にhp社製プロッターを組み合わせた物に、ソフトがKING-CAD2(OSがMS-DOS)です。

4年位前からはほとんどの仕事をWindows版のJW-CADで図面を作っています。PC・プロッターをもう1セット別の物をその時から使っています。


その初代hp社製デザインジェット230(プロッタ)のお話しです。

もうとっくにMS-DOS版のCADをお使いの方は少ないと思います。私の場合でも、お付き合いの有る工務店さんが一社KING-CADで仕事をされています。そちらの取引先へは時々初代パソコンで作った図面をデザインジェット230で出力をし、フロッピーと一緒に提出していますので無くせないPC及びプロッターなんです。そのプロッターが突然壊れました。
「そろそろかなー。」と思いながらも使っていましたが、5年前にベルトが切れてメンテナンスをしてもらったのと同じ状態。ゴム製のベルトが劣化して耐えられなくなって一瞬に切れる事故が先週起こりました。

5年前はhpに連絡してメンテナンス(ベルト交換)を57,000円でしてもらいました。3,000円のベルト代なのに。1時間強の作業費(郡山市内の銀行ATMなどのメンテをしている作業員が来たんですけど)とメーカー保証費が付くんですけど、5万円の工賃は高い。
今回は古い機種なのでもうメーカーメンテは無理だと思って、ベルトだけでも手に入らないか考えて連絡して見ました。そしたら、7,000円で送ってくれるとの事、自分でやって上手くいけばまた少しの期間使える。駄目元で手に入れました。


1.ベルトをメーカー(hpサービスオーダーセンター)へ注文するために注文書を送ってもらう。
2.頭が★形のドライバー「スターヘックスねじ用レンチ」を手に入れる。カインズホームから1,030円で買ってきたこの工具が無いとバラスことは出来ません。
3.作業を紹介したHPです。これを見つける事が出来なかったら一人では無理だったと思います。
 http://www2.wbs.ne.jp/~root-arc/plotter/plotter1.html
メーカーでは古い機種なので、作業の手順・説明には一切対応しない。ですので、ほんと助かりました。

●作業時間は最初約2.5時間(途中でカインズホームに工具を買いに行った時間も含みます。)くらいで終わったんです。なーんだ、簡単なんだ!
では、テスト運転するか。電源を入れて。プロッターは何時もは最初スタンバイ状態にする為にヘッドが動き出します。え?、一瞬でした。5センチも動きましたか?、直ぐに止まってしまいました。エラー表示です。そんなに甘くなかったのです。古いから他に原因が有るのか?
私プロッタの前でしばらく考えました。
ベルトを付ける時にモーター側にバネが付いてたんです。ベルトの張りを決めているパーツです。一瞬でも動いたんだから作業は間違って無い、原因をバネの接点・張り具合かなーと思って。もう一度最初から組み立てて見て駄目ならあきらめるか!っと考え、一つ一つ工程が終わる度に確認しながらゆっくりと作業をしました。
「お願いします。」2度目のテスト運転です。電源を入れて。プロッターは何時のように動きました。ん…、スタンバイ状態も完了し、それじゃー印刷してみるか?…
やりました。正常に作動しました。「神様、ありがとう。」ほぉ…、やっとの事で出来ました。


KING-CADで図面を作っている工務店さんも同じプロッターを使っているんです、もう5年以上ベルト交換してないみたいです。そろそろだと思います。私の場合は、メーカー側が保証期間が切れた物でしたので自分でやるしかなかった。でも、自分以外のは出来ません。たまたま上手く出来たのだと思いますので。

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« これから上棟式です | トップページ | 換気扇の分解清掃 »

コメント

おお~、すごい。
はらはらしながら読みました。
すごい執念。
PC関係の一番のネックは
こうした問題ですよね。
私も、古いソフトを使い慣れてしまっていて、
それのメーカー対応の事が常に心配です。
私がもし同じ状況だったら・・・・・・・。
たぶんあきらめます。
お疲れさまでした。

投稿: しろくま | 2006年9月 4日 (月) 09時04分

古い機種なので自分でやるしかなかったんです。
開いてみると構造はあんがいシンプルなんですねー。
清掃とかヘッドの動く部分に油をさすとか自分で出来ることも有ります。
次のプロッターもhpでも良いかーと思っています。

投稿: 設計屋 | 2006年9月 4日 (月) 20時28分

このホームページに感謝、感謝です。
hp社製デザインジェット230を使用していて1週間くらい前にエラーが出て動かなくなりました。hpに電話して聞くとそのエラーは、ベルトが悪くなっているとのこと。しかし古い機種のためメンテナンスの対応はないとのこと。ベルトは、430と同じだったので一応使えなくてもともとと思い、ベルトを7500円程度で取り寄せ自分でやってみました。このホームページのおかげで無事に使用できるようになりました。1箇所カバーの爪が折れましたが問題なく動きます。
大事に使えばもう一度くらいベルト交換できるかも。
前は、メーカーに1度来てもらったがとても高かった記憶があります。
こちらのホームページのアドバイスがなかったら、新しいのを買っていたでしょう。
本当にありがとうございました。 m(__)m

投稿: sh | 2006年10月14日 (土) 19時05分

shさんも良かったですねー。
hp230を使っていらっしゃる方はもういないと思いました。作業内容を紹介したHPを見つける事ができたのでやってみようと考えましたが、使えるようになってほんと良かったです。
ただ、ベルトが切れる前の状態には完全には戻らなかったんです。
A2で印刷してみて気が付いたのですが、端っこにいって線にぎざぎざが出るようになりました。カートリッジの軸調整シートでいっぱいまでやってみましたが、少し残ります。ベルト以外の所を考えると、5年後まではちょっと無理かもしれませんねー。
shさんとは同じプロッターの修理がきっかけです。
もしよろしければこれからも気軽に遊びにいらして下さい。

投稿: 設計屋 | 2006年10月14日 (土) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/11739643

この記事へのトラックバック一覧です: 古いデザインジェット230を救った:

« これから上棟式です | トップページ | 換気扇の分解清掃 »