« お湯が無いとやっぱり不便です | トップページ | 誰でもできるわが家の耐震診断 »

2006年8月10日 (木)

やわらかい地盤でゆれが大きくなる

    ―内閣府防災担当のホームページからの引用―

1.中央防災会議「東海地震に関する専門調査会」、「東南海、南海地震等に関する専門調査会」、「首都直下地震対策専門調査会」、「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に関する専門調査会」では、防災対策の検討のため、震度分布の推計等を行ってきました。今般、この一連の調査結果を整理したことにより、「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」がまとまりましたので、公表します。


2.地震による地表でのゆれの強さは、主に、「地震の規模(マグニチュード)」、「震源からの距離」、「表層地盤」の3つによって異なります。一般には、マグニチュードが大きいほど、また、震源から近いほど地震によるゆれは大きくなります。しかし、マグニチュードや震源からの距離が同じであっても、表層地盤の違いによってゆれの強さは大きく異なり、表層地盤がやわらかな場所では、かたい場所に比べてゆれは大きくなります。この効果を、ここでは「表層地盤のゆれやすさ」と表現しています。「地盤のゆれやすさ全国マップ」は、全国の表層地盤のゆれやすさを地図として表現したものです。


3.我が国では、関東平野、大阪平野、濃尾平野などの平野部に多くの人が住んでいますが、このような地域は今回のマップから、やわらかい地盤で覆われ、ゆれが大きくなることが分かります。防災対策上、そのような場所を知っておくことは重要です。特にゆれやすい地域にお住まいの方には、家具の固定、住宅の耐震診断や耐震補強などの対策を優先的に行うなど、日頃の地震への備えの参考としていただきたいと考えています。


内閣府防災担当のHPから 表層地盤のゆれやすさ全国マップ

都道府県別表層地盤のゆれやすさマップ  福島県

blogランキングへ応援クリックをお願いします
私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« お湯が無いとやっぱり不便です | トップページ | 誰でもできるわが家の耐震診断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/11364055

この記事へのトラックバック一覧です: やわらかい地盤でゆれが大きくなる:

« お湯が無いとやっぱり不便です | トップページ | 誰でもできるわが家の耐震診断 »