« 住宅用自動消火装置の検討中です。 | トップページ | 陰山建設さんで23回目の献血運動が行われました »

2006年7月31日 (月)

快適エコ住宅研究会の森工務店さんの見学会

10日前の土曜日は快適エコ住宅研究会に工務店として入会されている。西郷村の森工務店さんから完成見学会の案内状を頂いていましたので午後から出かけました。

完成見学会は、チャコの家ジョイ・コス住宅システムで施工した40坪強の高性能住宅です。
3時から気密測定の実演を行うって事なのでその時間に合わせました。

測定はジョイ・コスの営業の方?。今日はもう2回やっているみたいで、思った数値が出ないって言うのです。
エアコンの配管・壁貫通の穴で隙間ができ、工事中に一度計った測定値より下がってるそうです。確かに、外にまわると壁貫通部分に大きな隙間が見て取れます。今までのエアコンをつけても取付穴による隙間は無かったし、森工務店さんもまさかこんな所からと思われたと思います。いろいろ有りますよねー。お客様が付けたエアコンは最新機種、自動でエアコン内の掃除をしてくれる機能が付いたもので、貫通穴も何時もより大きく隙間も最新機種の為必要になっているので測定値が下げている原因だと言うのです。

合理的な高性能住宅の完成見学会、もちろん電気温水器・蓄熱式電気暖房器とIHクッキングヒーター? かなーと予測して伺ったんですが、…ガスコンロが有る。

お施主様ともお話しする事ができました。
奥様がお台所についてはとっても勉強されてて、現在土鍋でご飯を炊いている。オーブンはガスでないと駄目、将来お嬢さんと一緒に向かい合って台所作業をしたいなどを考えると既製品では良いのが無かったから作りました。アイランド式で世の中に一つしかない奥様が考えられたオーダー品なんです。(これは奥様がおっしゃってたのですが、作りたかったのが理科実験室に有る流しです。確かに、調理自習室の作業台にも見えます!)
もう一つこんな事もおっしゃってましたよー。最近は住まいが便利になり過ぎて災害などで停電になった時、「どうしますか。」 ご飯食べられないんじゃないですか!
そうだと私も思います。災害時のライフライン回復で電気が一番早いと言う話を良く聞きますが、丸1日電気が止まったら家には食べる物無いですよねー。コンビ二に駆け込んでも冷蔵庫はからっぽですよねー。確かに、裸火が有ればどうにかできます!

郡山市民ほとんどの方は記憶が有ると思います。20年より前になりますかねー、冬です。そうです。「クリスマス停電です。」 あの時はまだ12月だと言うのに大雪がふり、電線にくっ付いた重ーい雪が原因で鉄塔がばったばった倒れました。私の家でも3日間(遅い所は5~6日)電気なしの生活でした。幸い水道・ガスが使えたので鍋でご飯などを炊く事できましたが、夜もローソクのあかりでなんとか。最初はキャンプ気分だったんですよー、でも3日が限界でしょう! あれ以来、家ではロウソク・カセットコンロ・石油ストーブ(もちろん電気がいらない)・火鉢(炭も少々)などを切らさないようにしています。でも、一番大事な「水」ですよねー?。 それって、どうしましょう。

その時、私の家には毎日、間違い電話が多くかかってきました。 その訳ですか、東北電力郡山営業所と私の電話番号が1番違い! かけてくる方はなかなかつながら無い電力会社に腹立てて! 電話を取ると「いきなり苦情を言い出す。」 そんな日が4~5日続くんですよ。…だからと言ってオール電化にそんなつまんない理由で消極的な訳では無いです。
今でもどっかで落雷停電などが有ると、間違い電話来ますねー!

今回始めて伺った森工務店さんの見学会に2時間近くお邪魔しました。見学に来られたお客様も多く、特に30代と思われるご家族が多かったのにおどろきました。
森さんとは今回が初顔合わせです。住宅作りでも、かなり勉強されていると思います。施工実績もたくさん有るとの事。モデルルームも拝見できました。

今回、伺って良かったと思います。

blogランキングへ応援クリックをお願いします


私のHPも よろしければクリックをお願いします

|

« 住宅用自動消火装置の検討中です。 | トップページ | 陰山建設さんで23回目の献血運動が行われました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/11162766

この記事へのトラックバック一覧です: 快適エコ住宅研究会の森工務店さんの見学会 :

« 住宅用自動消火装置の検討中です。 | トップページ | 陰山建設さんで23回目の献血運動が行われました »