« 7月が危険! 「ある日突然!痛風の恐怖」 | トップページ | 郡山市を少し勉強しました。 »

2006年7月15日 (土)

7月が危険! 「痛風の恐怖」 その2

前回の続きです。

次に、体内の尿酸をうまく排泄する方法として腎臓に注目してみました。実は、最近の研究により、腎臓の中で悪いことをしている犯人がわかってきました。その犯人とはインスリンです。
※インスリンについて詳しくは、「糖尿病予防術」などを参考にしてください。
では、インスリンは腎臓でどんな悪いことをしているのでしょうか?
インスリンは血液中の糖を細胞へ送り込み、血糖値を一定に保ってくれています。ところが、肥満がすすみ、特に内臓脂肪が多くなってしまうと、血液中に阻害物質が増えて、インスリンは糖をうまく送りこめなくなってしまいます。これが糖尿病を引き起こすメカニズムのひとつです。
問題は、ここからなのです。血液中の糖が減らないと、すい臓はどんどんインスリンを分泌します。するとインスリンが、余ってしまいます。これは高インスリン血症と呼ばれる状態です。
実は、この時、重大な異変が起こるのが腎臓なのです。健康な人の場合、腎臓の尿細管というところでは老廃物を排泄して、必要な成分だけを細胞へ戻す働きをしているのです。そこに、増えすぎたインスリンがやってくると、排泄しようとしていた老廃物を再び細胞へ戻し始めてしまいます。
肥満によって余ってしまったインスリンが尿酸を戻してしまう──これが高尿酸血症の原因のひとつと考えられているのです。


専門家のお話
・痛風という病気は発作であり、体内に尿酸がたまってしまっていることを知らせてくれるお告げとも言えます。体内に尿酸が増えすぎている「高尿酸血症」を治すことが大事です。「高尿酸痛風という病気は発作であり、体内に尿酸がたまってしまっていることを知らせて血症」をほおっておくと、高脂血症、高血圧、尿路結石、腎障害といった、合併症を招く危険があるからなのです。「高尿酸血症」の多くは肥満の人。尿酸は、BMIや体重に関係しています。
・痛風の発作が7月に多く見られる一番の原因は、脱水と考えられています。汗をたくさんかくことで尿量が減少します。1日2リットル以上の水分補給がオススメですが、利尿効果が高いものは摂りすぎに注意が必要です。

痛風を予防する食事とは?
尿を食事によっていい尿にすることで、尿酸を溶かしやすくすることができます。そこで、こんな実験をしてみました。
尿酸を溶かした水溶液に、酸性の液体を加えると尿酸の結晶ができてしまいます。反対に、尿酸結晶があるところにアルカリ性の液体を加えてみると、結晶は溶けてなくなります。尿酸はアルカリに溶けやすいのです。そこで、番組で以前お伝えした「尿アルカリ化食品」で実験です。
35歳のBさんに、1日350グラムの尿アルカリ化食品を食事の中に加えてもらい、5日間食べ続けてもらったところ、尿のpHは5.8から6.8へ変化し、酸性からほぼ中性になりました。食事の中に尿アルカリ化食品を取り入れて、食べ続けることでいい尿になり、結果として尿酸値を下げることも期待ができるのです。

―「NHK ためしてガッテン」 放送記事からの引用です。―


私、現在51歳なんです。40歳から続けている高血圧症の治療を、先日思い切って循環器科の先生に代えました。三つ年下のとっても話しやすい印象の先生です。良かったと思っています。
今回 血液を調べて高血圧症の原因なども確認して下さるみたいなので、来週先生に尿酸について尋ねてみます。国保で行う健康診断をお願いしようと考えていますので近い内にその辺も安心できるかなー…と思います。


blogランキングへ応援クリックをお願いします

|

« 7月が危険! 「ある日突然!痛風の恐怖」 | トップページ | 郡山市を少し勉強しました。 »

コメント

これって、私のブログみたいですね。立派です。

投稿: しろくま | 2006年7月15日 (土) 09時04分

私のはぜんぜん立派なんかじゃないです。
猪狩先生、ブログを毎日書き込みされています。それってスゴイと思います。
私の場合1通の書き込みにひどい時には2時間ちかくかかる事有ります。ブログに対する情熱も・書き込みも、体力勝負ですね!
夜、ほとんど出かける用事も無いのでPCを開きますが、ちょっとムリをすると明日に疲れが出ます。ひるまPC使って図面作ってるんだから…早く寝たほうが良いに決まってますよねー

投稿: 設計屋 | 2006年7月15日 (土) 11時32分

大木さんへ
私がブログを毎日書いているのには、理由があります。
それは、ブラインドタッチの練習と、自分の勉強のためです。
ブログを書くのに、資料を集めからはじまって4日掛かります。
息切れした時に、短い日記を入れるようにしています。
ブログを初めて、勉強の習慣が出来て良かったと思います。
大木さんのブログもチェックしているので、頑張りましょう。

投稿: しろくま | 2006年7月15日 (土) 19時26分

しろくま先生、コメント有難うございます。
そうなんですよねー。建設業界もどんどん新しい物が出てきて勉強していかないと取り残されそうな位の変化なんです。
今までの経験・感などだけで建物造りをして行くと、この先不健康な地震に弱い住まいが増えてしまいます。

ブログを続けられるように、これからも頑張ります。

投稿: 大木 実 | 2006年7月15日 (土) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/10946104

この記事へのトラックバック一覧です: 7月が危険! 「痛風の恐怖」 その2:

« 7月が危険! 「ある日突然!痛風の恐怖」 | トップページ | 郡山市を少し勉強しました。 »