« 「健康住宅のトリックを明かす」講演、その3 | トップページ | 来月から森林環境税がスタート »

2006年3月26日 (日)

うなぎ屋さんでヒノキの臭いが勝ってた

スギ・ヒノキには、殺菌・駆殺虫の作用があり、ダニの発生を防ぐと共に害虫からも守ってくれると言われています。
昔から、ヒノキの家は蚊を寄せ付けない、とか、風邪をひかないという言い伝えもあることから健康にもプラスであることは間違い、人の自律神経のバランスを保つ作用があるとか、何より人に安らぎを与えると思われていますが、そのヒノキなどの天然樹木の香りが健康を害する原因にもなる可能性も有ると言うのです。特に、ヒバは内装材に多く使うのは注意が必要です。

以前、つくば市のウナギ屋さんでの事です。
03年、開業のしろくま歯科医院さまの設計業務を頂きました。始めにお施主さまの先生から見てもらいたい歯科医院が有ります。私にとっても良いお話と思いまして、先生のおねいさんご夫婦が2年前に造られた医院を拝見させて頂く事になりました。ご夫婦で歯科医師、ユニットが6台、「敷地の関係上、面積を十分取れなかったので苦労しました。」間取りはお二人で考えたみたいです。設計屋に全て任してもこんなに良くはならないと思いました。丁度、お昼になったので「食事、一緒にどうですか。」って事で、近くのウナギ屋に入りました。のれんをくぐり、あれ、「ヒノキだ」と思いました。お座敷まで案内してくれた店主だと思われる方が、歩きながら分かりますか、「もう3年前なんですよ、建てたのが…」。ヒノキの臭い、うなぎだれより勝ってるんです!(スゴイデスと思いました。)
でも、今考えてみてもウナギに勝ってて良いのかなーとも思いますね。座敷の造作は店主が胸を張るだけあって良く出来ていました。ヒノキって後どれくらい頑張るんでしょうかねー。あ、うなぎ美味しかっですよー。

|

« 「健康住宅のトリックを明かす」講演、その3 | トップページ | 来月から森林環境税がスタート »

コメント

ヒノキやヒバ特有の芳香って健康な方には良い香りなんですが、ダメな方もいらっしゃいますね、大工さんでダメな方を知っていますが、ヒノキやヒバの土台を刻むときはマスクしてティシュを手元において仕事してますね。

この香りなんですが、宮大工 西岡常一さんの本によると、法隆寺の1300年前のヒノキ表面を2~3ミリ削れば、また香ってくるそうです。

あ、それと、私のブログ文書で大木さんのブログにリンク貼りましたのでよろしくお願いします。

投稿: 佐々木 | 2006年3月27日 (月) 19時44分

佐々木さん、私のブログの紹介有難うございます。
1300年前のヒノキに虫を寄せ付けない効果がまだ残ってるってことですか。

投稿: 大木 実 | 2006年3月27日 (月) 22時53分

その域まで行くとかなりの勉強が必要ですよね。でも、何にせよ無垢はやっぱりいいですよね~。

投稿: オストコーポレーション北関東 | 2006年3月28日 (火) 06時31分

法隆寺の桧の話は、下記の本に書いてありました。
NHKブックス「法隆寺を支えた木」西岡常一、小原二郎(著)920円です。
この本の一部は、「小原二郎先生の知識」
http://www.wood.co.jp/kohara/index.htm
でも読めます。

ただ、桧といっても法隆寺に使ってた1000年生以上の桧と一般住宅の50年生位の桧を同じと考えていいものかどうかは……、ちょっと分かりません。

調べたついでに、独立行政法人文化財研究所 東京文化財研究所 保存科学部
http://www.tobunken.go.jp/~hozon/index.html
このページ左にあるダウンロードファイルが面白いですよ。

投稿: 佐々木 | 2006年3月28日 (火) 18時08分

土台はヒバを使いたいですね。
重要な部分は信頼できる木材を使い、左官工事を取り入れた調和のとれた内装の仕上げが理想です。
総桧造りのうなぎ屋さんほとんどの方は問題が無いんでしょうが、私の場合軽い鼻アレルギーが有りますから「鼻が利いちゃったんですかねー」
吉田さん、これからもいろいろ教えて下さいね。
佐々木さん、「法隆寺の桧の話」本の紹介有難うございます。

投稿: 設計屋 | 2006年3月28日 (火) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/9266658

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎ屋さんでヒノキの臭いが勝ってた:

« 「健康住宅のトリックを明かす」講演、その3 | トップページ | 来月から森林環境税がスタート »