« ハウスダストとは 最終回 | トップページ | IH調理器からの電磁波 »

2006年2月26日 (日)

オール電化住宅、安全というのは本当なの?

オール電化住宅、火を使わないから安全というのは本当なの?…電磁波は大丈夫?…どちらが経済的にいいの?
 
急速に増えつつある電磁波源には、IHクッキングヒーターの他にも、携帯電話、パソコンなどがありますが、特に、妊婦の場合、IHクッキングヒーターがお腹に接近しますので、胎児への影響が心配されています。小さいお子さんは、頭の位置が機器に接近しますので使用中は近づけないようにされた方が…。
電磁波と白血病やがん、脳腫瘍との因果関係が疑われていたり、長時間電磁波に晒されたりするとその後わずかな電磁波を浴びただけで、頭痛、めまい、だるさといった自覚症状が現れる「電磁波過敏症」という症状があると言われています、コンピューターや家庭用電気製品に近づくと、激しい頭痛や胸苦しさ、吐き気、めまいなどの症状が出る人がいます。
私たちは、電気製品や電気配線に囲まれた生活をしていますので、電磁波過敏症になってしまうと、生活に支障をきたしてしまいます。普通の人は感じない微弱な電磁波に対しても過敏な状態になってしまいます。高圧送電線や変電所の近くに住んでいるなど、絶え間なく強い電磁波に曝された人が発症するケースが多いと考えられています。 

あなたは電磁波問題が気になりますか。

オール電化を導入しようと考えた場合、「電気代が高くなるのでは?」と思いがちです。しかしオール電化を導入したユーザーの約8割が光熱費には満足しているとか。基本料金や夜間料金の割引で思ったより電気代はかからないみたいです。また「はだか火」を使わない暮らしが、今後増える高齢者社会にとって、大きな魅力となっているのも事実です。

経済性はどうでしょう。

ガス配管が不要な分オール電化は導入費用は安くなります。
電気代については、現在夜間電力は安くなっていますが、今後原子力中心のエネルギー政策が見直されたら、料金体系は当然変わってくると思います。

オール電化住宅については、将来でも今のまま存在しているのでしょうか。…?私には、ちょっと分からない部分ですね。
どなたかコメント頂ければ幸いですが。

|

« ハウスダストとは 最終回 | トップページ | IH調理器からの電磁波 »

コメント

実に奥深い問題ですよね。ただヒトツいえることは今後も電気が
エネルギーの“旗艦”になるということです。ガスのコジェネも最終的には電気に換えるものですし、水素の燃料電池もやはり電気に
頼らざるを得ないということで・・・。ただ、ALL電化がすべてではなく、限りなく将来を見据えた最良のスタイルであることは間違いないようですね(^O^)電磁波の問題はヨーロッパ中心に提起されていて
今後電磁波カットの分電板等々でてクル用です。

投稿: オストコーポレーション北関東 | 2006年2月28日 (火) 07時42分

吉田さん、コメント有難うございます。
地球環境を考えると、ALL電化(IHクッキングヒーター)+エコキュート+太陽光発電システム、「次世代型オール電化住宅」って事なんでしょうね。費用については、インシャルコストばかりではなく、耐久性やメンテナンスの必要性までも含めた心配をしないと駄目ですよねー。
「最新の省エネ次世代型オール電化住宅」…家計にやさしく、地球環境にもやさしいって事になってるかどうかをよく見極めないと、家計にやさしく、借金を返しつづける事の出来る買い物で無いと…。
なかなか深い、難しい問題です。

投稿: 大木 実 | 2006年2月28日 (火) 13時37分

 オール電化はどうなんでしょうね。
 ほんとうにオール電化して大丈夫なの電力会社さん? っと個人的に思います。当たり前の話として、電力は蓄えられない限られた資源なので、それこそ皆でオール電化しちゃったら電力会社さんはどうするつもりなのでしょうね。あと限定何棟っとか宣伝しちゃったりするのかな?
  
 オール電化住宅が増えましたから原子力発電所を作ります。

 これはちょっと、福島県人としては受け入れられない気がします。

投稿: 佐々木 | 2006年2月28日 (火) 19時55分

佐々木さん、コメント有難うございます。
私も今以上の原子力発電所が増える事は受け入れられない気がします。
電気をつくるのに他の方法で、地球環境を一番に考えたやり方でやると、今より高い電気代になるでしょうね。
日本では家庭の電気使用量が年々増えているそうです。どうするつもりなのでしょうね。

投稿: 大木 実 | 2006年2月28日 (火) 21時08分

 エネルギーはいろんなモノを使用した方が、自宅の安全管理上、望ましいような気がします。
 学生時代に湿った雪の影響で鉄塔がバタバタ倒れて、3日間停電したことがありました。災害は忘れた頃にやって来る…という事もありますしね。

 話は違いますが「非電化工房」で検索すると面白いですよ。

投稿: 佐々木 | 2006年3月 1日 (水) 00時08分

もりあがってますね。ALL電化で原発増設は繋がらないように思いますよ。あ、まちがっても電力さんのまわしものではありません(^O^)原発でなくても、火発でも深夜運転は休めないので深夜電力はやはり使ってもらわないといけないんですよね。災害の復旧もやはり電気がイチバン早い。でも、エコキュートはやめるべきですね。

投稿: ヨシダデス+   +   +   吉田登志幸 | 2006年3月 1日 (水) 06時36分

「電気温水器は、ヒーターで水を沸かしますが、エコキュートは自然冷媒であるCO2を使ったヒートポンプシステムによって、大気中の熱を汲み上げ、給湯に必要な熱エネルギーとして利用する。そのためエネルギー効率に優れ、省エネ性や環境保全性の高い給湯機といえる。」って事ですか。
調べてみても良い事の書き込みがほとんどですねー。
気になるのはインシャルコスト、電気温水器と比べて割高ですよねー。それと、貯湯タンクの大きさ、お湯の残量を気にしながら使うのはちょっと辛いです。…電気温水器も同じですね。寒冷地仕様も有るようなので若干の不安がありますがなんとかなると思いますが。
導入する場合、前もって設置スペースを考えて置かないと駄目ですよねー。
大きな問題点が分かんないのですが、吉田さん何か有りますか?

投稿: 大木 実 | 2006年3月 1日 (水) 10時31分

佐々木さん、クリスマス停電ですねー。確か3日間電気がこなくて。ローソクは有るだけ使っちゃって、暖を取るのも大変で電気の要らない石油ストーブ2基残して置いてて良かった。ほんと、そう思いました。
停電の3日間私の家に電話がジャンジャンかかって来ました。どうしてかと言うと、東北電力郡山営業所と一番違い(932-627?)でして最後の数字が?と0の違いなんです。間違い電話で大変でした。
停電で不便だった以上に電話にまいりました。

投稿: 大木 実 | 2006年3月 1日 (水) 21時35分

あの停電のときは電気コタツが唯一の暖房機器だったので、流し台のガスで暖をとっていました。

私がオール電化にいまいち乗り気でないひとつの理由として、電化製品って最初に買うとバカをみる…っうか、当たり前ですが普及すると価格がいきなり安くなっちゃうんですよね。もうちょっと様子みてもいいかなぁと個人的には思います。

投稿: 佐々木 | 2006年3月 2日 (木) 18時28分

http://www.yasuienv.net/EcoPremium/EPLabAllElec.htm
オール電化=原子力発電推進派。

安全面からいえば、ガラストップコンロ(IHより若干効率よし。というかIHには対流能力がなくお湯を沸かすことしかできない)と家庭での分散型発電。
ただしソーラー発電はパネル作成時のエネルギー消費量が莫大なので、ソーラー=環境破壊。

投稿: | 2006年3月25日 (土) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/8844065

この記事へのトラックバック一覧です: オール電化住宅、安全というのは本当なの?:

« ハウスダストとは 最終回 | トップページ | IH調理器からの電磁波 »