« 陶器の洗面ボールの紹介 | トップページ | ハウスダストとは その2 »

2006年2月19日 (日)

ハウスダストとは

ハウスダストとは、空気中に存在する肉眼では、ほとんど見えない小さなホコリ事を指します。この、ハウスダストは、チリ・ホコリ・ダニの死骸・ダニのフン・繊維クズ・花粉や胞子・たばこの煙粒子・・・・などなど紹介しきれないほど沢山の種類が有りますが、最近、アレルギー症状や、花粉症ぜんそく等の症状の原因では無いか?と言われています。最近の高気密な家の構造によってハウスダストの発生が大幅に増えたことが原因ではないでしょうか。

本日は「NHK ためしてガッテン」2005年5月11日放送内容からです。とても興味深いのでご紹介。

アレルギーを予防するには掃除をしてハウスダストを取り除くことが第一ですが、掃除機とぞうきんがけをあわせて行っても、必死に布団に掃除機をかけても、ある重要なポイントを知らないとハウスダストを減らす効果が激減してしまうのです。最新科学の力で、ハウスダストを効果的に減少させる対策を徹底追求します!
ハウスダスト(家の中で発生するホコリ)は、スギ花粉症でよく見られる、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの他に、ぜんそくや肺炎など生命に関わるアレルギー疾患を起こすこともあります。
しかも、これまでアレルギー症状を起こした経験のない人でも多くは(3人に2人の割合)体の中にすでにハウスダストの抗体を持っていて、いつ鼻炎やぜんそくなどのアレルギー症状を発症してもおかしくない状態にあるといいます。
「ハウスダストの中のアレルギーを引き起こす原因となるもの」
・アレルギー症状を起こすとされるもの
ダニ、カビ、動物の毛とフケ、花粉
・アレルギー症状を起こさないとされているもの
砂ぼこり
・直接アレルギー症状を起こさないがアレルギー症状の発症に加担するもの
繊維(=静電気によってダニの死がいやふんをくっつける)、人のフケ(=ダニのえさになる)

日本の場合、アレルギーの主原因となるのがダニです。ハウスダストのアレルギーと診断される人のほぼ100パーセントが、ハウスダストの中のダニ(ヒョウヒダニの死がいやふん)に反応しています。
日本の気候はダニの繁殖に大変適しているので、1つがいのダニを放置しておくと、理論上、3ヶ月の間で30万匹にまで増えていきます。日々の掃除でダニを取り除くことが、ハウスダストのアレルギーの予防や症状の緩和に最も有効であるといえるのです。

|

« 陶器の洗面ボールの紹介 | トップページ | ハウスダストとは その2 »

コメント

ハウスダスト 勉強になりました。
ブログでチョコット紹介します。

投稿: 修ちゃん | 2006年2月22日 (水) 21時54分

上野さん、私のブログを紹介いただき有難うございます。
私の書き込みは既にHPで紹介されている記事の引用が多いのでちょっとお恥ずかしいです~。

投稿: 大木 実 | 2006年2月22日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/8741701

この記事へのトラックバック一覧です: ハウスダストとは:

« 陶器の洗面ボールの紹介 | トップページ | ハウスダストとは その2 »