« 住まい手が主体 | トップページ | 今年も無事に終われそうです。 »

2005年12月28日 (水)

靴職人さんにお願いした修理

約20年間使っている靴の修理を今回してみました。市内にある登山用具店に今でも修理が可能なのかたずねたら、「大丈夫ですよ、メーカーに送ればしてもらえますよ!ただやれるのは、すり切れたカカト部分の接着剤による革当て修理なんですよー?」……「他に、靴リフォーム店でもやると思いますが…。」「それと…靴屋さんが近くにありますが」。という事で教えてもらった安積高を湖南方面に200m県道沿い左側の靴店に持ち込みました。「中底は革だし、他はしっかりしてるんだから修理すればまだまだ使えますよ!」快く引き受けてくれそうなので頼んで見ました。この靴にはいろいろと思い出が有りまして、最初の2年間は買って失敗したかな?販売店からは「最初は足に合わないと思います。」、そう言った説明があったので少しはかくごしていましたが…。最初は毎日使いました。現場にも履いてったりで、少し乱暴に使っちゃいもしました。なかなか足になじま無いんです。そんな感じで2年かかりました。
やっと当たる所が無くなってからはもっと丁寧に使ってみるか!履きこなすほど良いんですよねー!ちょっと泥ドロにするのはかわいそうかなー!汚れが気になるようになって、最近は靴に愛着がわいて来てるんですよ。
今回最高の修理をしてもらいましたのでまだまだ使って行きたいと考えています。靴店は、渡辺さんといいます。a新しい靴のオーダーも受けています。若い頃は沢山の革靴を作られた腕のいい職人さんだと思いますね。修理代ですが左右で2千円はかかってないですよー。
人気ランキング参加しています→人気blogランキングへ
この記事を評価する
kutusyuuri2

|

« 住まい手が主体 | トップページ | 今年も無事に終われそうです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/7877563

この記事へのトラックバック一覧です: 靴職人さんにお願いした修理:

« 住まい手が主体 | トップページ | 今年も無事に終われそうです。 »