« 顔の見える木材での家づくり | トップページ | 第2のアスベストが口の中にあるかも? »

2005年11月22日 (火)

何をするんですか。やめてください。

1982年、福岡発羽田行きJAL機が着陸の最終進入中に突然失速して東京湾に墜落。乗客24名が死亡、96名が重傷を負った事故は、精神分裂症にかかっていたK機長が飛行中逆噴射をした上操縦桿を押し込んだためにおきた事故。コクピット内の副操縦士の「何をするんですか。機長 やめてください。」の言葉が当時話題になりました。今では定期的な機長の健康チェックは有るし、副操縦士もいるからそんな馬鹿な事有るはずない。大丈夫ですよねー!  皆さんはそんな事、飛行機にこれから搭乗するって時考えますか?
 連日報道されている姉歯設計事務所のことなんですけど、共同住宅が1996年以降全部で少なくとも6都県89棟に登ることを明らかになったみたいです。もっと出てくるんですかね…。建設業界内では、阪神大震災をきっかけに、耐震性にすぐれた建築物を提供していこうという気運が高まっていた中今回の事件。とっても残念です。今回のような建築士による悪意がある申請・うっかりミスがあっても通ってしまう今までの建築確認申請の流れ(提出審査→確認済証交付→工事着工、中間検査→完了検査)・システムに大きな問題があると思います。

|

« 顔の見える木材での家づくり | トップページ | 第2のアスベストが口の中にあるかも? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150855/7264587

この記事へのトラックバック一覧です: 何をするんですか。やめてください。:

« 顔の見える木材での家づくり | トップページ | 第2のアスベストが口の中にあるかも? »